平成29年度子ども人権第3回便り

平成29年度 子ども人権第3回便りを発行しました。   20180326平成29年度子ども人権第3回便り   「印刷配布時の子ども人権啓発委員会だより、数か所に誤字脱字がありました。お詫びいたします。ホームページには、修正を加え掲載しています。」

平成29年度 第2回全体会開催の様子

平成29年度 第2回全体会開催 ・平成30年2月26日(月) 10時~12時 ・ラポールひらかた 4F大研修室にて 「1年の振り返り 及び アコーディオン&アルトサックス生演奏会」   委員のみなさんへの1年間活動お疲れ様の意味を込めまして、1年の活動をわかりやすくスライドを使って振り返りました。そのあと、休憩タイムをはさみ、アコーディオンとアルトサックスのコラボ演奏会を行いました。   「1年間の活動の振り返り」   渕上委員長より、1年間の活動を振り返りました。 第1回全体会では、発達段階に応じた子どもたちへの対応。思春期の子どもたちへの対応。 分散会では、様々な環境でのお母さん、お父さんとの意見交換。 研修会では、食やミネラルについての重要性。等々を振り返り、あらためて良い機会良い時間が持てたことを参加された皆さんと共有できました。   「アコーディオン&アルトサックス生演奏会」   【幸せ運ぶアコーディオン弾き 福ちゃん & アルトサックス奏者 白起かすみさん】     日本では珍しいボタン式のアコーディオンだそうです。「卒業写真」から始まり、「ハウルの動く城」など、なじみのある曲から、子どもさんまで楽しめる曲をたくさん演奏してくださいました。     アコーディオンの心地よいやさしい音色と、アルトサックスの力強い音色は、生演奏独特の臨場感を楽しむことができました。ほっこり癒しのひと時を過ごすことができました。   「絵本の読み聞かせ」    お母さん・お父さんへ、ユッタ・バウアー作「おこりんぼママ」の絵本の読み聞かせをお届けいたしました。   ~皆様のアンケートから~ ・1年間の活動報告を、わかりやすく説明してもらい色々と思い出せた。 ・アルトサックス・アコーディオンの生演奏もとてもよかった。ほっこりできた。 癒しの時間だった。 ・「親の笑顔が子どもの心の栄養になる」という事を、日々の忙しさの中で忘れがちになるのを又、今日改めて感じた。演奏会も笑いがあり、楽しかった。 ・絵本も読んであげることはあっても、読んでもらう事はなかったので、こういう感じなのかなぁ、これからも読んであげようと思った。読み聞かせを聞くのはなんだか心が温まりました。 ・任期は終了しますが、また機会があれば活動に参加したいと思う。 楽しい時間をありがとう。 ・初めての委員の自分だけでなく、他の会員の方にも参加してもらえたらと思った。 等々この他にもたくさんの声をいただきました。今後の活動の参考にさせていただきます。ありがとうございました。   【子ども人権啓発委員会スタッフと福ちゃん&白起さんとの記念撮影】    

平成29年度 第2回全体会のご案内

寒さも本番、冷たい木枯らしが吹く季節になりました。今年もインフルエンザが各学校園で流行っています。ご家族で手洗い・うがいを心がけましょう。 さて、表題にあります「子ども人権啓発委員会 第2回全体会」を下記のとおり開催いたします。 今回で29年度の集まりは最後になります。そこで1年間の委員会 事業報告の振り返りとアコーディオン&アルトサックスの生演奏などを予定しております。 今年度、日々お忙しい中、時間を作りご参加いただいた委員さんやPTA会員さんと一緒に、癒しのひと時を過ごしたいと思います。ぜひご出席いただきますようお願い申し上げます。 ☆ 日時 平成30年2月26日(月)10時より12時まで(9時40分より受付開始) ☆ 場所 ラポールひらかた 4階大研修室 ☆ 内容 ・ 29年度の委員会事業報告      ・ アコーディオン&アルトサックス生演奏       演奏者: 幸せ運ぶアコーディオン弾き 福ちゃん さん            白 起 かすみ さん(アルトサックス)      ・ その他 ※ 委員の方だけでなく、一般PTA会員の皆さんへもお声かけいただきお誘いあわせの上ぜひご参加下さい。 ※ 駐車場に限りがありますので、できるだけ公共交通機関等をご利用ください。 ※ 台風等で中止とする場合、当日の朝8時30分頃にはホームページにてお知らせいたします。ご確認、お願いします。 子ども人権平成29年度第2回全体会案内 

平成29年度 研修会開催

平成29年度 研修会開催 平成29年12月15日(金) 10時~12時 「子どもが健やかに育つために」をテーマに、氷室で活動しておられる「ラハミームの家子ども食堂」地球益の会代表である塩井淳子氏をお招きし研修会を開催いたしました。食を通して「子どもも大人も 心から元気になるには?」をテーマに、生活を豊かにする日常生活のヒントを、たくさんの事例と共にご講演いただきました。 【講師:「ラハミームの家子ども食堂」地球益の会代表理事 塩井淳子氏】 食についての現状を目の当たりにし、自分たちに出来ることは何かを考えさせられ、食を振り返る良い時間となりました。「自分自身を喜ばせ、子どもたちが努力している事を気絶するほどほめる!お母さんの笑顔が子どもたちを元気にします!」今すぐにでも実践できる、子どもも大人も元気に笑顔で過ごせる良い食事のヒントをいただきました。 【全体会の様子】 ~皆様のアンケートから~ ・食が子どもに与える影響の多さにびっくりした。少し手を加えたり、食品を気をつけることで改善されていくのだと思った。 ・ここまで大切だとは正直思っていなかった。空腹でなければ大丈夫。そんな感じで考えていたが、質が大事、そして、体だけでなく心が豊かになることでよい影響へ向かうのだと思った。 ・ミネラル、だしなど食の大切さを改めて知った。重要さがよくわかりありがたかった。 ・とてもいいお話でためになった。今後もこの様な機会を増やしてほしい。 ・自分でできることを少しずつ取り入れて変えていければと思った。 等々この他にもたくさんの声をいただきました。今後の活動の参考にさせていただきます。 ありがとうございました。 【子ども人権啓発委員会スタッフと講師塩井淳子氏との記念撮影】