平成28年度 第2回全体会 開催案内

日時   平成28年7月6日(水)午前10時~12時

場所   枚方市民会館 3階 第3会議室

案件   ①講演  「女性のがんについて」     保健センター保健師  中西 明子様     

               「受動喫煙について」      保健企画課保健師   東 彩智子様

            「熱中症予防~水分のとり方~」 保健企画課管理栄養士 原 久美子様 

           ②ブロック別交流会  


平成28年度 活動計画

委  員  長 小野 英子

副委員長    鈴木 裕子

活動方針

安全でより良い学校給食が継続されることを目的として枚方市学校給食会と各単位PTAとのパイプ役を担う。

学校給食会の各委員会に出席し、学校給食について理解を深め、また委員相互の情報交換によって、給食に

関する知識を深める。

活動内容

  1.全体会の開催

  2.教育委員会学校給食課との懇談

  3.委員相互の情報交換と交流


平成27年度 活動報告

委員長  上田 泰 子  

                                                          副委員長 猪野 さおり  

【活動方針】

各単位PTAと学校給食についての理解を深めるとともに、来年度から開始される中学校給食を小学校の保護者へ橋渡し役として活動する。

 【活動内容】

  1. 全体会を年4回開催し、学校給食への理解を深め、各単Pとの交流を図る。
  2. 業者選定委員や物資選定委員が給食の材料を納める業者や材料を選定する。
  3. 学校給食会へ理事として参加する。

1.活動実績

日程

内容

場所

5月20日(水)

第一回給食委員会全体会

輝きプラザきらら

6月7日(日)

物資選定委員会

菅原生涯学習センター

7月3日(金)

第二回給食委員会全体会

輝きプラザきらら

8月7日(金)

物資選定委員会

津田生涯学習センター

9月17日(木)

業者選定委員会

輝きプラザきらら

11月6日(金)

第三回給食委員会全体会

磯島小学校

11月11日(水)

物資選定委員会

津田生涯学習センター

11月17日(火)

業者選定委員会

㈱紀州有田蒲鉾

2月8日(月)

物資選定委員会

津田生涯学習センター

2月19日(金)

第四回給食委員会全体会

枚方市市民会館

 2.まとめ

  • 本年度は、市の職員の学校給食のメニューに携わっている栄養士さんをお呼びし、小学校給食での人気メニューを各単Pと調理実習を行いました。その際に、市職員の方から小学校給食の内容を画像を使って詳しく説明して頂いたことから、各単P役員とより深い理解をできたと思います。各単Pからのアンケートからは、学校給食への感謝や感心の言葉が多くあり、同時に今回の調理実習がとても楽しく小学校給食への理解が深まったと同時に子供達とのコミュニケーションにとても繋がったという意見と来年度も是非行って欲しいとの意見が多くありました。

  • この他、中学校給食についての会議に参加させて頂いたことにより、中学校給食の試食会を開催することができ、なお且つ市が取り組む意欲や熱意を直にお伝えすることができ、より一層中学校給食への理解と関心を深められたと思います


平成27年度 第2回 「全体会」の開催について

標記委員会を下記の要領にて開催いたします。

当日は、枚方市保健所から管理栄養士・西川未悠様、保健師・岩井麻衣様と

長尾幸枝様にお話しを頂く予定です。          

お忙しいこととは存じますが、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

             記

1.日時    平成27年7月3日(金)午前10時~12時

2.場所    輝きプラザきらら7階 大研修室

3.案件    

①講演

「子宮頸がんって何?早期発見にできること」

「たばこの害~他人事ではありません~」

「熱中症予防~上手な水分のとり方~」

②ブロック別交流会

※各単Pより1名以上ご出席ください。

※欠席の場合は各ブロック長まで連絡をお願いいたします。 


平成27年度 活動計画

委 員 長  上田 泰子

                            副委員長 猪野 さおり

活動方針】

安全でより良い学校給食が継続されることを目的として枚方市学校給食会と各単位PTAとのパイプ役を担う。

学校給食会の各委員会に出席し、学校給食について理解を深め、また委員相互の情報交換によって、給食に関する知識を深める。

【活動内容】

  1. 全体会の開催
  2. 教育委員会学校給食課との懇談
  3. 委員相互の情報交換と交流