平成29年度 第3回給食委員会 全大会を開催しました

平成29年度 第3回給食委員会 全大会を下記の通り開催いたしました。

【日時】:平成29116日(月) 午前1130-1300

【場所】:枚方市立第一共同調理場

【内容】:「枚方市の中学校給食について」 第一調理場 赤島様

中学校給食 試食会

 

まず初めに調理場の職員赤島様より、平成284月より始まった選択制中学校給食について、ご説明いただきました。

 

枚方市の中学校給食、一番の特長。

それは、温かい料理は温かい状態で、冷たい料理は冷たい状態で届けられるということだそうです。

配送では飛行機内で使う保温カートを使い65度以上に保ち、また冷たい料理は調理場内のチルド庫でカートごと冷却し美味しさと安全をキープして子どもたちの元へ届けられます。

 

*今回の試食会メニュー*

皿うどん ほっけ ぶどう豆 こんにゃくの炒め煮 パン 紙パック牛乳↓

 

試食会では、たくさん質問の手が上がり、みなさんの関心の高さを感じました。

一部、回答だけ抜粋してまとめさせていただくと、白米の量は、230から250グラムで、ご飯とパンの提供の比率は、ご飯の方が多いとのこと。

牛乳パックについて、現在仕入れ業者もパックに移行する業者も増えてきているが今のところ、小学校もパックに変えるということは決まっておらず、また中学校でも全員給食へとの要望もあるが、現在この調理場では6,000食を作るキャパシティしかなく、全員給食に必要な10,000食を賄うことは不可能。

予算や色々な事情がありすぐには難しい課題だそうです。

 

中学校給食の試食会は、主に6年生の保護者を対象に順次各小学校で開催されるのですが、実際に調理される場所をガラス越しに見ながら詳しい説明をしていただき、帰り際も個別に質問される方の姿もみられ、とても有意義なものになったのではと思いました。

 


平成29年度 第3回 全体会の開催について

今回は、中学校給食について多くの保護者様に関心とご理解を深めて頂きたく中学校給食の調理場にて試食会を開催することに致しました。

お子様が中学校にはまだまだ先だという保護者様もおられるかと思いますが、給食委員会として是非この機会に中学校給食を知っていただき、各学校での情報交換に役立てていただければ幸いです。

日時 平成29年11月6日(月)11時30分〜13

場所 枚方市立第一共同調理場

内容 ・中学校給食の理解を深める

    ・中学校給食の試食会 

    (1食あたり330円を当日徴収します。)

    当日欠席の場合も必ず費用を徴収させていただくことになりますので、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

*各小学校より1名ご出席下さい。

なるべく公共交通機関をご利用ください。総合体育館の道路をはさんで向かい側の建物になります。

最寄バス停は田ノ口中央駅(京阪枚方市駅北口ロータリーより『藤阪ハイツ』行き)

1号線を渡っていただいて徒歩5分ほどになります。

20171106第3回給食委員会全体会


平成29年度 第2回全大会を開催!

平成29年度第2回全体会を下記の通り開催いたしました。

【日時】 平成29710日(月) 午前10時-12

【場所】 輝きプラザきらら 7階大研修室

【講演内容】

1.「女性のがんについて」

保健師 /森外 千晴 様

2.「たばこの害と危険な薬物」

保健師 /伊藤 弘美 様

薬剤師 /伊藤 裕司 様

3.「熱中症予防~水分のとり方~」

管理栄養士 /尾山 瞳 様

お忙しい中46名、各小学校の給食委員や代理の方にご出席いただきました。枚方市保健センターより、3つのテーマについて講演していただきましたので、簡単にご紹介させていただきます。

日本人の死亡原因の3割はがん

日本人男性のおよそ4人に1人、女性ではおよそ6人に1人ががんで死亡をしており、私たちにとってとても身近な病気となっている中、乳がん(乳房)の視診、触診の方法を詳しく教えていただきました。毎日の生活の中で発見しやすいがんもあるので自己検診、また枚方市が費用を負担して受けることができるがん検診を積極的に利用して、早期発見をすることがとても大切だと感じました。

たばこに含まれる有害物質は200種類以上

実際、フィルターを通してたばこを吸う喫煙者よりも直接煙を吸う受動喫煙の方が、はるかに害があり、今は三次喫煙といってたばこの臭いのついたソファーや衣類も健康に害を及ぼすということ。また、薬物は脳を委縮させ、いったん破壊されてしまった脳の細胞は元に戻ることができないなど、危険なドラッグのお話を実際の写真を見ながら、クイズ形式でわかりやすく説明していただきました。

ペットボトル症候群に注意!

この講演のあった前日にも、市内の中学生が熱中症で倒れたということもあり、子どもの熱中症の特徴や対処方法など教えていただきました。中でも興味深かったのは、ペットボトル症候群という症状。なかなか聞きなれない言葉ですが、汗をかくことで喉が渇き、糖質の多い飲料を大量に飲むことで血糖値が高くなり、全身の倦怠感やひどい場合は意識障害から昏睡になることも。水分補給のポイントはお茶やお水を中心にこまめに摂ることだそうです。

最後に各アンケートにご記入いただき、沢山の貴重なご意見をいただくことができました。次回、秋頃に第3回全大会を予定しております。詳細については後日ご連絡させていただきます。


平成29年度 活動計画

委  員  長 西賀 美和

副委員長 鎌野 裕子

活動方針

各単位PTAと学校給食について理解を深めるとともに、中学校給食の現状報告と小学校の保護者への橋渡し役として活動する。

学校給食会の各委員会に出席し、学校給食について理解を深め、また各小学校の委員相互の情報交換を共有することにより、安全で安心な給食になるよう努めていく。

活動内容

1.全体会の開催

2.教育委員会学校給食課との懇談

3.委員相互の情報交換と交流

4.中学校給食の現状の情報交換


平成28年度 活動報告

委  員  長 小野 英子

                                                            副委員長 鈴木 裕子

平成28(2016)年度 活動報告

【活動方針】

各単位PTAと学校給食についての理解を深めるとともに、今年からはじまった中学校給食の現状報告と小学校の保護者へ橋渡し役として活動する。

各小学校の給食委員と情報を共有することにより、安全で安心な給食になるよう努めていく。

【活動内容】

  1. 全体会を年4回開催し、学校給食への理解を深め、各単Pとの交流を図る。
  2. 業者選定委員や物資選定委員が給食の材料を納める業者や材料を選定する。
  3. 学校給食会へ理事として参加する。

【活動実績】

  • 給食委員会 全体会

     5月11日(水) 第一回給食委員会全体会   輝きプラザきらら

               ・給食委員会について

               ・学校給食について(教育委員会・学校給食課)

     7月 6日(水)  第二回給食委員会全体会   枚方市市民会館

               ・女性のがんについて

               ・受動喫煙について

               ・熱中症予防~水分の取り方~

               ・ブロック交流会

    11月 4日(金)  第三回給食委員会全体会   磯島小学校

               ・子どもに人気の給食メニューの料理教室

               ・各学校で行うためのシュミレーション

               ・ブロック交流会

     2月22日(水)  第四回給食委員会全体会   枚方第一調理場

               ・中学校給食の調理場見学

               ・中学校給食の試食

               ・中学校給食の現状と課題

               ・28年度給食委員会の活動報告

               ・ブロック交流会

  • 学校給食会・役員会(事業報告、予算案の議決など)

        第一回役員会 9月20日(火)

        第二回役員会 2月16日(木)

  • 業者選定委員会

       9月15日(木) 輝きプラザきらら

              ・今年度の運営について

       11月21日(月)業者視察

              ・タケダハム(株)羽曳野市

              ・(株)ネージュ 八尾市

       12月8日(木) 輝きプラザきらら

              ・登録業者、新規受付業者の書類確認

  • 物資選定委員会

        6月13日 津田生涯学習センター

        9月 8日 津田生涯学習センター

       11月 8日 津田生涯学習センター

        1月26日 津田生涯学習センター

【まとめ】

本年度は、昨年度の各単Pからのアンケートなどから、学校給食への感謝や関心の言葉を多くいただき、また好評であった調理実習も開催することができ、楽しく小学校給食への理解が深まったとともに子どもたちとのコミュニケーションに繋がったという意見がおおくありました。また他の学校との交流ができ、情報を共有することができ充実した活動ができたと思っております。

中学校給食においては、まだはじまったばかりで小学校給食としても現状状況など関心が深いところです。中学校給食の調理場見学や試食会を通じ、学校給食課の先生にも協力を得て、現状と今後の課題などわかりやすく説明していただきました。

小学校から中学校へと橋渡しがよりスムーズにいくよう調理実習とともに来年度もぜひ引き続き取り組んでいっていただきたいと思っております。また、教職員との懇談についても率直な疑問点などなげかけていけたことは、今後の小学校給食に貢献できたと思っております。