平成29年度 『教職員と保護者との懇談会』を母親情報交換委員会と共催で開催

中学校部会及び母親情報交換委員会では、6月17日(土)に「教職員と保護者との懇談会」を開催しました。

本懇談会は、時宜を捉えた関心の高い事項について、教職員と保護者それぞれが日ごろ感じていることを率直に話し合い、認識の共有や異なる考え方に気づくことを通じて、よりよい子どもへの接し方や指導に役立ててもらうことを目的に開催しています。

今回の懇談会におけるテーマは「受験と進路について」及び「最近のクラブ事情について」の二点を設定しました。

「受験と進路について」は、高校受験の制度の変更やチャレンジテストの導入など、生徒を取り巻く教育環境の目まぐるしい変化に、保護者としてどのように向き合えばよいのかといった、中学生の子どもを持つ保護者にとって関心の高い事項です。また「最近のクラブ事情について」は、活動時間や顧問等の指導方法、学校間での差があるなか、保護者にも様々な考えがある一方で、教職員(顧問)にとっても他の業務との時間配分や指導方針の検討に様々な課題が指摘されている事項です。

懇談会には、市内19の市立中学校の保護者70名にご参加いただき、枚方市教職員組合及び枚方教職員組合のご協力により14名の教職員の皆様にご参加いただきました。懇談会は二部構成とし、第一部では全体会を行い、第二部ではあらかじめ各保護者に選択いただいた参加希望テーマごとに部屋を区分した少人数制の分科会を行いました。

第一部の全体会では、東香里中学校PTAの清水会長の司会で、枚方市PTA協議会会長の挨拶(副会長代読)から始まり、枚方市教職員組合の藤井委員長からご挨拶、続いて枚方教職員組合の小池執行委員長からご挨拶をいただきました。

第二部の分科会では8つの部屋に分かれ、テーマごとに教職員と保護者の活発な意見交換が行われました。

懇談会後に参加者からいただいたアンケートでは「他の学校の実情がわかって参考になった」、「先生から直接学校のことを教えてもらってよかった」などと評価するご意見をたくさんいただき、参加者にとって本懇談会が有意義なものとなったことと認識しています。

今後も中学校部会及び母親情報交換委員会では、本懇談会を継続開催するなど、子どもたちがよりよい中学校生活を送ることができるような環境づくりの一助となるよう今後も邁進してまいります。

下記に写真付きでのレポートなどを掲載しています。

ぜひご確認下さい↓

1.①教職員と保護者との懇談会レポート

2.②教職員と保護者との懇談会議事要旨

3.③アンケート結果概要


平成29年度 『教職員と保護者の懇談会』 のご案内

今年度も公私ご多用のなか多数の教職員の皆様にお越しいただき、下記のテーマを中心に下記のとおり開催します。

教職員の皆様と保護者の皆様との率直な意見交換を通じ、今後の学校及び家庭での子どもたちの教育に役立てていただければと存じます。

【日 時】平成29年6月17日(土) 14時半~16時45分(受付開始、14時)

【場 所】枚方市立教育文化センター

(全体会)3階大会議室

(分科会)3階多目的室、研修室(1・2) 2F研修室(3・4)

※ 駐車場が限られていますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください

【テーマ】

受験と進路について

最近のクラブ事情について


平成29年度 活動計画

部会長  永田 督之

副部会長 久保 安輝

活動方針

各単位PTAの現状と課題について情報交換を行なうとともに、関係団体・組織との連携を強化し、PTA活動の充実と活性化を図り、子どもたちの学習環境の向上に資する。

活動内容

1.部会を、定期的に開催する。

2.各校の事情、実態を情報交換し、単位PTA活動の向上につなげる。

3.教職員(先生)との懇談会を母親情報交換委員会と連携して開催する。

4.枚方市教育委員会との懇談会や全体レクレーションなど、枚方市PTA協議会が提起する取り組みに積極的に協力・参加する。


平成28年度 活動報告

部 会 長 清水   仁

                                                                                        副部会長 吉田 正美

 

平成28(2016)年度 中学校部会 活動報告

【活動方針】

各単位PTAの現状と課題について情報交換を行なうとともに、関係団体・組織との連携を強化し、PTA活動の充実と活性化を図り、子どもたちの学習環境の向上に資する。

【活動内容】

1.部会を、定期的に開催する。

2.各校の事情、実態を情報交換し、単位PTA活動の向上につなげる。

3.教職員(先生)との懇談会を母親情報交換委員会と連携して開催する。

4.枚方市教育委員会との懇談会や全体レクレーションなど、枚方市PTA協議会が提起する取り組みに積極的に協力・参加する。

【活動実績】

3月19日(土)新旧合同部会      枚方市市民会館      34   名

4月14日(木)部会                    枚方市市民会館      18   名

5月12日(木)部会                    枚方市市民会館   21   名

6月 9日(木)部会                   枚方市市民会館      21   名

6月18日(土)第1回教職員と保護者の懇談会・懇談会 枚方市市民会館 87名

7月15日(金)部会                    枚方市市民会館      16   名

7月21日(木)臨時部会             枚方市市民会館       8  名

9月 8日(木)部会                   枚方市市民会館   17   名

10月13日(木)部会                    枚方市市民会館       20   名

11月10日(木)部会                    枚方市市民会館       21   名

11月26日(土)第2回教職員と保護者の懇談会・懇談会      枚方市市民会館    68名

12月 8日(木)中学校部会、母情(中学校)合同忘年会     和ダイニング       20名

1月18日(水)中学校部会・母情中学校部会共催ソフトバレーボール大会    桜丘中学校体育館  約70名

2月 9日(木)部会                   枚方市市民会館   13   名

3月 5日(日)中学校部会研修ツアー(京都)       20   名

3月16日(木)新旧合同部会      枚方市市民会館   33名

【活動内容】

・毎月(8月・1月を除く)部会を開催し、枚方市PTA協議会(以降:市P)実行委員会の報告や議題等、また各中学校での諸問題についての情報交換や意見交換等を行い単位PTA活動の向上を目指し活動を行った。

・教職員と保護者の懇談会を各会長と協議し例年と同じ2回開催をした。また今年度は課題である、先生の参加数が少ない事を考慮し1回目は各学校(組合外)の先生に参加していたいただくことに成功した。

・1月度の部会は会議方式ではなく、PTA会員や地域との交流や親睦を兼ねて、レクリエーション(ソフトバレーボール大会)を企画開催。短時間であったが、市Pのソフトバレーボール大会に近い活気があり課題も多いが参加者に楽しんで頂く事ができた。部会や参加者からも、引き続き開催して欲しいとの意見が多かった。

・研修ツアーでは、京都議定書による世界的環境問題取組都市の古都「京都」にて資源の大切さ、環境保全問題等を再度学習することによって未来のこどもたちへとつなげる取組を学習できた。また、子どもたちへの周知活動へつながる研修ができた。課題点としては、「参加者数が少なかった」「市Pの予算の見直し」も有り今後開催するか否かは次年度部会へ引継する。参加者からは好評で引き続き開催して欲しいとの意見が多かった。

【まとめ】

・去年にもあるように、母親情報交換委員会との連携(連絡や相談)は必要不可欠である。またPTA経験・知識がある総務委員会や顧問の意見を参考にし、単年度で入れ替わるPTAの課題(中長期的)に取り組む事が単位PTA活動の向上につながると実感した。特に「教職員と保護者の懇談会」では相互の意見を交わす良い事業なので永年継続が出来るように毎年ごとの課題点を払拭し多数の参加が望ましい(先生も含め)。

・PTAの成り手が少ない中、「携わって良かった」「楽しかった」と言う気持ちになっていただけるような取組が出来ればと思うので、例年の慣例にとらわれず、年度ごとの取組を初中旬で検討してできれば次年度に続くPTA「活動向上」につながる。

・市Pメンバー、副部会長、各会長と母情の協力・支援の基で年度の活動ができたので改めて今後もPTA活動への動力源として欲しい。


平成28年度 研修会

平成29年3月5日(日)、京都へ行き研修会を行いました。

【目的】

世界的条約「京都議定書」で有名な京都で節電、リサイクルや環境保全等を再度学習しこの研修を通じ、

子どもたちの未来へとつながるよう参加された皆様が実感を持って取り組んで行くこと、

環境保全意識の向上に繋げることを目的とします。

また、1年間PTA活動に尽力されてきた会員の労いと会員相互の親睦を目的とします。

【バス内移動風景 参加者の自己紹介】

参加者1人ずつ自己紹介 緊張もしながら皆さん笑顔で!

【研修場所】京(みやこ)エコロジーセンター

天候にも恵まれて、参加者全員で記念撮影

「はいチーズ!!」

【研修風景】

全員で館内の説明を受け、日常の生活で失われるものやそれに伴う環境影響を勉強

熱心に聞いています!!

屋上で太陽光発電や風力エネルギーを利用する方法や雨水などを利用した

植物生育への取り組みを勉強

普段家庭で使う水の量や、節水への取り組みを実際に水を使っての体験です。

(水は雨水を濾過で使用)

雨水の利用方法や、家庭で使った水がどのように排水され

どれくらい環境に影響を与えるのかを勉強。

案内員さんも熱心に説明してくれています。

年間で、出るゴミを処分するのにいくらかかるかの勉強。

こちらは45L(一袋)を処分する費用。

壁面にも様々な環境への取り組みや、風刺画などを使っての投げかけなどを展示している。

今、話題のあの方の風刺画もありました。

電気の発電体験コーナーもありました。

発電を試みる一中の北村会長!

他にも随所にECOに関するものがいっぱいで、歩くたびに勉強できました。

3R(リデュース、リユース、リサイクル)や一人一人の心がけが全体の大きな環境保全につながる事を

改めて勉強する事ができ、良い体験が出来ました。