平成29年度 市教委との懇談会議事録

平成29年度 市教委との懇談会 議事録

平成291115日(水)19時~ 於:輝きプラザきらら7階 大研修室

 

司会:ただいま定刻となりました。それではただ今より枚方市PTA協議会と枚方市教育委員会との懇談会を始めさせていただきます。本日司会を務めます水嶋と申します。大変不慣れな司会ではございますが、最後までどうぞよろしくお願いします。それではまず初めに枚方市PTA協議会会長前田仁よりご挨拶をお願いします。前田会長よろしくお願いいたします。

 

P会長:はい。みなさんこんばんは。本日は大変お忙しい中、また平日の忙しい時間にもかかわりもせず枚方市教育委員会との懇談会に大変多くお集まりいただきましてありがとうございます。また平素は各学校のPTA活動並びにPTA活動へのご協力をいただきありがとうございます。そして社会教育部山口次長を初めといたします教育委員会の皆様におかれましては、子どもたちの教育環境へのご配慮、また本日のこの懇談会への開催においても毎年ご尽力いただきましてありがとうございます。本日の懇談会では幼稚園部会、小学校部会、中学校部会、各部会と専門委員会がそれぞれ教育委員会さんに聞きたいことをまとめたものを、まずは書面で配布していただきましてその回答をいただいております。その回答に関しましては各学校のPTAさんの方に送らせていただいているところでございます。本日はその内容を踏まえました上で各部会の委員長さんが質問させていただきます。持ち時間は各部15分となっております。すべての質問に教育委員会さんの方が答えることができないことがあろうかと思いますけれども、その点は十分ご了承ください。各部会の質問・回答が終わりましたら各校の代表の皆様への質問に移りたいと思いますので、もう少し聞きたいなぁ、こういうこと聞いてみたいなぁということがありましたら、質問の方をしていただいて結構でございます。この教育委員会の懇談会ですね、あのう、僕、市P代表の立場で大阪府PTA協議会の会議によく行かしていただきます。大阪府には42市町村にPTA協議会があるんですけども、各市町村で教育委員会さんとこういう懇談会の場を設けているところは大変少ないと聞いておりまして、僕身近で89市あたりから聞いたんですけど、開催してないところがほんとに多く、僕の中ではやってないという風に聞いています。それをこういう会をですね、10年以上この教育委員会さんにはご協力いただいてこういう会を開催するんですけども、この開催の継続ということが何よりも僕たちの身近な声を教育委員会さんに届けれるという、この貴重な時間をほんとに教育委員会さんには毎年ご尽力いただきまして心より感謝したいと思っております。ま、過去の話なんですけども、先割れスプーン事件なんていうのがありまして、この教育委員会さんに「この先の割れたスプーンでスパゲッティ食うてみい」て投げかけられたという保護者もおられたなんていう話も聞いておりますが、ここ数年は、ほんとにそういうこともなく、僕常々思うんですけども、子どもたちの、教育環境を守るのは教育委員会さんと我々PTAやと思ってます。その各二つの組織がですね、いがみ合うことなく仲良く子どもたちの周りの環境を整えていけることができるようなそんな懇談会にしたいと思いますので、短い時間ではございますが、皆さん協力の方よろしくお願いいたします。以上です。

 

司会:前田会長ありがとうございました。続きまして枚方市教育委員会社会教育部山口俊也様よりご挨拶をいただきます。山口様よろしくお願いいたします。

 

枚方市教育委員会(以下 市教委):皆様こんばんは。私は、皆様のPTA協議会との連絡調整業務を担当しております社会教育部の山口でございます。どうぞよろしくお願いします。本日はこのような場を開催していただき誠にありがとうございます。PTA協議会の皆様方におかれましては、平素から本市の教育行政へのご理解、ご協力をいただき、また、子どもたちの安全確保のため、通学路での見守りや小学校校門での安全監視活動など多大なるご尽力いただいていますこと、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。さて、教育委員会とPTAは子どもたちが健全に安心して学校教育を受け、健やかに成長していくことを願う点におきまして、同じ思いを共有していると思います。子どもたちが家庭や地域で安全に安心して、様々な人々と触れ合える環境を作り上げるよう学校、家庭、地域の人々が連携して取り組んでいく必要がございます。子どもたちの安全を守り、安全な社会を作り、本市の教育を充実させるために、今後ともPTA協議会の皆様のご協力をお願い申し上げます。結びにあたりまして、本日の懇談会が有意義で実り多いものとなりますよう念願するとともに、枚方市PTA協議会の今後の益々のご発展とご参会の皆様のご健勝、ご活躍を祈念いたしまして、開催にあたりましてのご挨拶とさせていただきます。どうもありがとうございました。

 

司会:山口さんありがとうございました。山口さんはこの後、所用のため退席されます。山口さんお忙しい中ありがとうございました。それでは懇談会を進めていく上での諸注意とお願いをさせていただきます。今回の懇談会は各部会、委員会が各単位PTAにアンケートを取り各単位PTA自身で起こっていること、聞きたいことを集計し検討を重ね全保護者の総意ではありませんが、教育委員会への質問としてまとめご回答いただいたものをベースに、懇談を進めてまいります。各部会、委員会の持ち時間は15分です。820分後より20分程度自由な質疑応答の時間も用意しています。子どもたちのためという思いはPTAも教育委員会も一緒だと思います。決して要望や要求をするのではなくお互いの立場に立ってPTAも教育委員会も意見を交換し共に考えていければと思います。また今回の懇談会は録音をして議事録を作成し、ホームページにアップさせていただきますので、某議員のようにね変な言葉遣いを使わないよう、言葉遣いにはくれぐれもご注意ください。最後に顔がわからないように後ろから全体を撮影させてもらいます。こちらも撮影した画像はホームページにアップさせていただきますのでご了承よろしくお願いいたします。それではまず初めに幼稚園部会部会長よろしくお願いいたします。

 

【幼稚園部会質問】

●3年保育について●

幼稚園部会:本日はよろしくお願いいたします。着座にて失礼いたします。この数年で公立幼稚園の園児数が激減しています。来年度の入園希望者数が今ある園すべてが35人未満で1クラスになると聞いてます。先日保護者にアンケートを取っていただきましたが、3年保育にしてほしいという声がたくさん出ていたと思います。待機児童解消に向けた小規模保育園が必要だとは理解していますが、3年保育について検討しますとお返事いただくばかりで何をどのように検討されているのか内容や進歩状況を私たち保護者はわからないままです。公立幼稚園が今後どうなっていくのか、方向性だけでもいいのでもう少し明確に教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

 

市教委:失礼いたします。着座でお話させていただきます。よろしくお願いいたします。今ご質問ありまして、実際にそういったお声、こちらでもですね、お聞きしております。で、今3年保育それからこのようなことを含めまして今後の公立幼稚園の方向性につきましては、現在もう、まさに今真っ最中なんですけども庁内の委員会を設置しまして検討を行っているところでございます。お知らせできるようになりましたらホームページ等を通じましてお知らせしたいと考えておりますので今しばらくお時間いただけたらと考えております。よろしくお願いいたします。

 

●認定こども園への移行について●

幼稚園部会:ありがとうございます。小規模保育園を公立幼稚園で実施するということは今後公立幼稚園と公立保育園の統合の可能性もあるということでしょうか。認定こども園などになる可能性はありますか。

 

市教委:はい、引き続きお答えさせていただきます。今後どうしていくのが枚方市にとって一番いいのかということで、そういういうことも含めまして今検討の方重ねているところでございますので、そこも次回にはお知らせできると思っておりますので、今しばらくこのことにつきましてもお時間いただければと思っております。

 

●小規模保育園が幼稚園で実施されることの説明について●

幼稚園部会:ありがとうございます。小規模保育園が幼稚園で実施されると幼稚園の雰囲気が大きく変わると思うんです。子どもたちはもちろん私たち保護者にとってもすごい変化です。しかし保護者に事前に説明は一切なく、実施される幼稚園には来月説明会が行われるようですが、今回実施されない幼稚園も同じように不安を感じている保護者がいらっしゃいます。1年後2年後に公立幼稚園に入園しようかなと思っている保護者も同じだと思うんです。そういった保護者に事前に説明もなく、小規模保育園が入ることに決定してしまうのは配慮が欠けているのではないかと思うんですが、その点についてどう思われますか。

 

市教委:はい、小規模保育施設の開設にあたりましては、本市の近々の課題になります待機児童を解消する策ということで進めておるんですけども、その中で次年度の公立幼稚園の入園志望者数の数と、それから幼稚園の保育室の状況によりまして実施案を決定するということで、入園の募集の要項に記載をさせていただいて募集もさせていただきました。で、在園の方の児童の保護者につきましては募集時に同時にその旨説明をさせていただいたと思うんですけども、そういう実施園の採用園が確定いたしましたのでまた説明の方、説明会の方を開催させていただくということでよろしくお願いします。で、実際にまたそこで配慮が足らない、先ほどもお話がありましたので、そういうものが決定しましたら採用園につきまして、この後またいろいろそういった頻度を重ねていくということではあるんですけども、現時点におきましては保育施設の開設に対して採用園は今のとこの予定はありませんけれども、まあこの後、議論・検討を重ねていくというになっておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 

幼稚園部会:ありがとうございます。公立幼稚園のいいところを最大限に生かしながら現状を変えていただき幼稚園の存続につなげていってもらえたらと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。幼稚園からは以上です。ありがとうございました。

 

司会:はいありがとうございました。それでは続きまして小学校部会部会長よろしくお願いいたします。

 

 

【小学校部会質問】

●心の相談室について●

小学校部会:はい小学校部会です。よろしくお願いいたします。早速なんですが5番の心の相談室の状況についてニーズが高まっていることに対して認識いただいて、配置回数、時間の拡充が課題であるという認識していただいているみたいなんですけども、その課題を認識していただいている中で具体的な対策は考えていただいているのかというところを、教えていただきたいなと思っているんですけども、またその対策があるのであれば、どのようにされていらっしゃるのか教えていただけますでしょうか。

 

市教委:心の教室相談員をしていただいている方、28年度は24名にしていただいております。年間24回~35回という幅で、複数校をお持ちの方もいらっしゃいます。資格としては臨床心理の資格を持っている方もいらっしゃいますし、教員免許の資格を持っていらっしゃる方もいらっしゃいます。いろんな地域の方が協力していただいているところでありますので、そう言った、人材確保ということがひとつの課題でもありますし、あと常に報酬も絡みますのでその報酬にも予算がありますので、いろんなところにこれ以上増やすというのはなかなか厳しいかなとそういう風に考えますので、課題は把握しておりますけども現状を拡充するとかそういう部分は非常に難しいかなという風に思っています。

 

●教職員の研修について●

小学校部会:ありがとうございます。課題を意識していただいて、すぐまだ対応策がというか、取れないというところは理解できたんですけれども、課題があるということで、今後、もうちょっと考えていただけたらなと思います。では次なんですが、8番と11番についてちょっとご質問させていただきたいなと思うんですが。8番の新任教師のサポートについてと、11の番教職員の指導力の差についてということでご質問させていただいたんですが。研修などしっかり行っていただいて仕組みがしっかりあるということは理解できたんですが、その仕組みについての研修ですね、研修の仕組みについてなんですが、どの程度機能しているか、どのような結果が出ているかということをしっかり出してですね、またその研修で結果が出ている、もし出ていない箇所があるんであれば、それに対する改善などは何か対策は取られているのかなぁというところと、もし研修を行ってですね何かいい効果が出ている場合、成功事例と言いますか何かあれば教えていただきたいなと思うんですが、いかがでしょうか。

 

市教委:はい失礼いたします。教育研修課では主に教職員の研修をうけもっております。で、今、特に経験が浅い先生たちが増えておりますので、指導力あるいは授業力を身につけてもらうための研修を中心に行っております。で、今ご質問のあった、どういった研修を行っているかということですけれども、特に初任者1年目の教員に関しましては、年3回研究授業を実施するということを課しております。で、その授業を全員必ず授業観察をしに教育研修課から学校訪問もしております。で、やっぱり1学期から2学期、2学期から3学期とその授業力あるいは指導力が身についたかということを生で見ることができます。で、その授業の後に必ず指導なり助言なりをするようにしております。そこでやはり授業力あるいは指導力を評価し成長を見守っていっているというところでございます。

 

●いじめ、学級崩壊の対応について●

小学校部会:ありがとうございます。なにかしら一定の基準を持って評価していただいているのかなぁというところは分かったんで、今後もせっかく行っている研修なんで、しっかり成果が出ているかどうかというところを見ながら改善しながら進めていただければ、ありがたく思います。ではすいません、9番です。いじめ、学級崩壊の教職員の対応力についてということでご質問させていただきました。こちらについてもですね、いろいろ研修を行うなど対応をとっていただいているんですが、同じくですね、何か研修とか学校に対しての改善活動などを行っているのかを知りたいなと思います。また成功事例があれば紹介していただきたいと思っております。で、このいじめの問題に対してですね、年々問題が多様化して複雑化していっているという状況があるんですが、教育現場、市としてですね将来的にもこのやり方で対応していけるのかどうかというところ、どのように考えているのか教えていただきたいなというところと、もし例えばそれが困難である場合、我々PTAが何かお助けできるようなことがあるのであれば教えていただきたいなと思っております。ではご回答お願いいたします。

 

市教委:はい、再度お答えいたします。先ほど教育研修課の方からもありましたように年々経験の浅い先生方が増えている中で、対応としましては、校内研修でそういったいじめに関する研修をさせていただいているところでございます。ただ、それではもちろん十分でないというところも把握しておりますので、現在枚方学校支援チームという外部の専門家のチームを各学校園に派遣しておりますので、その方々からの助言等をいただいているような体制を整えているところです。また生徒指導体制を強化する、充実するというところで中学校では加配教員を配置したり、小学校に対しても複数校加配しているとか、スクールソーシャルワーカーを派遣している、配置しているというそういったところで学校を支えているというところでございます。

 

小学校部会:ありがとうございます。ちょっと質問さしていただいた中で、そのような対応をとっていただいている中で、今後もしどのような複雑化していっている、いじめ問題に対して対応していけるかどうかというところ、どのような見ているのかをしているか教えていただきたいなと思いますが。

 

市教委:極めて対応しなければいけないなと思って対応しておりますので、対応しないではなくて対応していくということでございます。

 

●留守家庭児童会室について

小学校部会:わかりました。ありがとうございます。では次6番のですね、留守家庭児童会室の土曜日、日曜日開室についてということなんですけども、回答としては人員確保など、それでの土日、土日の実施は難しいということで回答をいただいているんですが、もし市の考え方としてですね、地域として解決してもらいたいのであったりするのであれば教えていただきたいなぁというところです。でもし個別に留守家庭児童会室のようなサービスをもし来年から行う方針であるってなったときに、市や教育委員会が何らかのこう後押しだったり何かサポートできるようなことを検討していただける可能性というのはあるのかなぁ、ということを伺いたいですけどもいかがでしょうか。

 

市教委:こんばんは。平成27年度からスタートしました「子ども・子育て支援新制度」において、枚方市では設備や運営にかかる基準をもうけ、保育の質を向上させるための条例を平成269月に制定し、今年度から5年生、来年度に6年生を受け入れるため、平成2612月に留守家庭児童会室施設整備計画を策定し、これまで整備を進めてきました。

入室を希望される児童数の推移につきましては、5年前が約3,000人ぐらいでしたが、ここ数年すごく増えておりまして5年生に拡充する前年である平成284月で約3,900人となり、整備計画の目標事業量の数値を超えてしまいました。今年度の状況は、5年生への拡充も含めまして500人ぐらい増え、約4,400人となりました。

従来から枚方市は、申込期間である11月下旬から1月末までに入室を希望された児童については、できるだけ待機を出さないようにということで、学校とも協議させていただき、教室等をお借りすることで受け入れを行ってきました。今年度につきましても、前年度の98クラスから16クラスの拡充を行っておりますが、児童会室を運営する職員に欠員が出ている状況です。

広報等をご覧いただいてご存知だとは思いますが、毎月のように募集はしているのですが、なかなか職員が集まらないという状況が続いています。

土曜日開室については、先月行われました各小学校の保護者で組織されている45保護者会との意見交換会の場でも、今年度も含め、毎年要望をお伺いしておりまして、そこもすごく大事だということはわかっておりますが、次年度学年を6年生まで拡充し、入室希望児童の増加が見込まれる中、各児童会室でできるだけ待機を出さないこと及び児童会室の運営を安定させるために、まずは場所の確保と職員の確保を最優先に現在も取り組みを進めている状況ですので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

小学校部会:ありがとうございます。現場の難しい状況そしてさらに我々の要望をしっかり考えてくれているというところよくわかりました。ありがとうございます。それでは小学校部会からの質問を終わります。

 

司会:大丈夫ですか。

 

小学校部会:はい、終わりたいと思います。

 

司会:何か今の見解に関して他の部会さんとか委員会さんとかあと教育委員会さんからのもっとこんなん付け足してみたいとかあれば。特にないですか。すごいちょっと何か堅い雰囲気ですね。ちょっともうちょっとイメージとしてはもっとリラックスしたようなイメージで出来たらいいなと思うんですけど。それでは続きまして、中学校部会部会長よろしくお願いします。

 

【中学校部会質問】

中学校部会:こんばんは。中学校部会でございます。第一中学校のPTA会長をやらさせていただいております。本日はよろしくお願いいたします。質問回答いただいているページでいうと9ページでございまして、中学校部会では1から順に、少しの時間の関係で飛ばすところもあるかもしれませんが基本的には上から順にお聞きをしたいという風に思っております。

 

●トイレの扉について

中学校部会:まず設備面についていくつか質問させていただいておりますけども、まずはトイレ改修でございます。洋式ということで順次整備されているという風なところなんですが、一番強調させていただきたい扉の話でありまして、従来は扉があったんです、というようなことを書いていただいておりますけども、経緯として回答されているのがその衛生環境面がよくなったから扉をなくしました、という風なところだと思います。プライバシーへの配慮というところに私重点を置きたいんですが、そことここに書いていただいているように、密室となると教育指導面において不安があるというところで扉は設置されないという風なところだと思うんですが、具体的に言えば扉を設置しない、つまり教育指導面で不安だったから扉をとったんだということなんですけど、実際になんかこう懸念がどういうところにあるのかなあと。ただ扉があることによってどういった教育指導上の懸念があるのかについてご回答いただきたいと思います。

 

市教委:はい、扉のトイレの扉の件についてなんですけども、扉につきましてはですね、扉を閉めることによって完全に密室になりますのでその中で何が起こっているかということが計り知れないところがございます。具体的な事例という風におっしゃっていただいたんですけども、それについてはこの席では差し控えたいと思っておりますが、その時々のですね時代背景、子どもたちの状態であったりですね、社会情勢によってやはり子どもたちの状況とか変わってきますので、それに応じた整備を現在行っているところでございます。ですので、現在においてはこういった環境面の工事に伴いまして扉を設置する必要がなくなってきておりますので、壁を設けることによって一つ一つ見えない形を形状させることによってですね、トイレの整備を進めていこうと考えているところでございます。

 

中学校部会:つまりその環境面でよくなってきたから扉はいらないだろうと。扉をつけることによって、ここに書いていただいている通りだと思うんですけれども、この質問の背景として私自身が第一中学校でトイレにですね、あのまさに廊下から正面がよく見える状態です。古いからかもしれないですけど、実際そういう風に完全に見えないようにこうクランクになっている中学校もあるんですか。

 

市教委:はいそうです。第一中学校につきましては確かに古いですね。古い分類に入りますので現在長寿命化改修という形でですね、大規模改修を予定しております。ですのでもう間もなく工事の方に入っていきますので新しくなったトイレを見ていただければよいかなと考えております。

 

中学校部会:そうですね、個別中学校の話になってしまっているんですけども、そのプライバシーの配慮その密室になることによって何が起こるかわからないというのはつまり、学校の中の校舎の敷地内においてその人目につかないところって他にもたくさんあると思うんです。校舎裏、体育館の裏に来いという、昔はあったかもしれませんが、そういう風なところもある中で、プライバシーにこそ配慮を要するトイレに扉がなく中がよく見える状態っていうのは、他にもそういう環境があるのにも関わらず、なんでそこだけそういう風になっているのかなっていうのが非常に疑問なんです。で、いずれにしても要は中が見えないようになっていればいいって話なんですけど、で扉をつければいいっていう訳ではなくって、そういう風な設計をきちんと考えていただいて、やっていただければいいという風に思っています。

 

市 教 委:少しだけちょっと補足させていただきますと、トイレ改造にあたってもですね、設計段階っていうのが工事が始まる1年前に設計をしております。設計の際にですね、当然一般的な仕様をベースに学校と調整をさせていただいております。その際にですね、今言ったような扉をつける、つけないこういったことも、学校と調整しております。その中で扉をつけない方向でっていうのがまず一つは学校からの要望もございます。こちらにもですね、つけないっていうことになりましたら当然今申し上げられているようにプライバシーの件もありますので、極力技術的に見えないような工夫ができないかというような設計段階で、一応考慮したものになってはいるんですが、ただ建物自体が先ほどもおっしゃられてたんですけども、古い形でスペースも限られてるっていうような中で、クランクをつけても結果的に見えてしまうというところが出てきているというのが現状ではあると。学校によりましたらですね、その階によって男子と女子を完全に分けてしまうっていう設計をしているところもございます。そういったところでしたらスペースは結構とれますので、比較的見えにくくなっているというような状況になっているんですが、学校によってはその形がとれないところもございますので、設計においてはプライバシーというのも考慮してやっているという状況でございますのでご、理解いただきたいという風に思います。

 

●ウォータークーラー設置について●

中学校部会:わかりました、ありがとうございます。これで7分が経ってしまったのですが、ちょっとペースを上げていきますが、2番のウォータークーラーの設置についてというので、これから意見として従来出させていただいていて、その都度いろいろと課題があるというようなご回答だったと思うんですが、具体的にどういうところに課題があるっていうのを具体的に教えていただけませんか。

 

市教委:ウォータークーラーについては衛生状態を保つために、メーカーからの定期的なこう巡回清掃というものを推奨されております。こういう対応が可能というものに費用の面という課題があるんですけども、学校において予算面も含めてこういう適切にメンテナンスが行われるのであれば、学校での判断で設置しても問題ないことだという風に私は言っています。ただ今後教育委員会でも熱中症対策ということで設置を行っていきたいという風に考えておるんですけども、今後このようなメンテナンス費用含めて、財源の確保、幅広くしっかり考えていきたいと思います。

 

中学校部会:私全然専門的じゃないのでわからないんですが、メンテナンスが非常にいらないような、そういった形式を持ったウォーターサーバーもあるということを聞いたりしているので、今のその幅広く検討って、これって何か認識変わられたんですかね。ウォータークーラーの設置について否定的だったのが、何か今年熱中症で生徒が救急搬送されていった事例もありましたよね。ウォータークーラーがあればそれが防げるかといえば決しそんなことはないんですけども、防止の一つの対策には非常になるだろうなという風に思っているんです。ただその辺って考え、年々変わってきた、設置に向けて動こうっていう実施段階に入ってきたんでしょうか。

 

市教委:今年の6月ですね、体育祭の際に多くの生徒が熱中症の症状で緊急搬送されということもございました。それで、これまでウォータークーラーの設置に後ろ向きだった要因として、平成8年でしたかね、O-157の集団感染ということでウォータークーラーの水質の問題だったという声もございまして、また学校から使用を停止してきたということ、経緯がございます。ただ最近のですね、夏の気象ですとか先ほど申しました熱中症の事案を考えまして、適切な管理を行うという中で設置を進めていこう、できるように何とか進めていこうという検討をしているところでございます。

 

中学校部会:実施に向けた計画をこれから作り出すっていうことですか。何かこう目標計画とかはあるんでしょうか。

 

市教委:一番の課題は財源の確保だと思っておりますので、そういう計画ということではなくて、財源確保した上でできるだけ早期に設置できるようにという風には考えています。

 

中学校部会:それってじゃあ例えば、来年度に向けて何かこう予算に組み込んでいくといった動きはあるんですか。来年度の予算入りはしていますか?

 

市教委:どういった手法でするかについては来年度ということも含めまして、できるだけ早くできるように考えております。

 

中学校部会:学校によってついてる、ついてないとか、あるいはPTAのこっちの側で何かこう協力できるような面もあると思うんです、その財政面以外も含めてなんですけど。是非ちょっと前向きにとらえていただいて、やっていただきたいいう風に思っています。っていう要望になってあれなんですけど・・そういう風に非常に効果があるっていう風に思っておりますのでちょっとそういう・・ごめんなさい、先ほども言いましたけども、決してその未然防止に絶対ウォータークーラーあれば誰も熱中症にならないというつもりは全くないんですけど、役立つのには間違いないと思ってるので、そういうことがあってから対応するのはなかなか大変だと思うので、やれることはどんどん前向きにやっていっていただいてそういうのを経験してやっていただければと思います。えーっと後3分しかない。

 

司会:時間はちょっと貯金がありますので、大丈夫ですよ。余裕がありますので大丈夫です。

 

●熱中症・テントの設置について●

中学校部会:次ですね、これも4番ですが、熱中症関係のさらに10ページですね、テント等の対応でってことなんですけども、これって一定期間常設する、テントってねぇ1日の朝に出して夕方にしまうじゃないですか、だいたいテントって。これって全校の設置でお願いしたいっていうようなことは一定期間の夏季の期間において設置するとかそういう、そういう風な意味ですか?

 

市教委:熱中症対策ということですので一定期間常設するというところまでは特に考えてはおりません。その行事の中身的に長時間に渡るようなことがあるのであれば、学校側の方にあるソフト面での対応というところの部分でテントが一番効果的ではないかということであって、常設して下さいということを申しあげたつもりではございません。

 

中学校部会:具体的にここに直射日光に屋根があるということであれば非常に何て言うんですか、恒久的な取り組みのように思われるかもしれないんですけど、あのそうじゃなくてその時その時で、あのこれはちょっと懸念あるなっていう時にきちんと出してもらう、そういうような対応をしていただいたらいいかと思うんですが、例えば体育の授業の時に一回一回出し入れするのも大変ですし、ただ体育の授業でやられないと思うんですけども、そういった時に、体育の授業にもはっきり言って熱中症になる時もあるので、まあそういうところを未然防止するためにどうしていこうかっていうのは引き続き考えていただきたいとは思っています。

 

●バリアフリー・支援学級について●

中学校部会:すみません。引き続き10ページの2番なんですけども、これがちょっとこれ質問が多方面になってあれなんですけど、バリアフリー化なんですけれども、子どもたちの助け合いにより当然これはそれでよくって非常に協調精神性も養われる上でもいいんですが、ただ集団移動はともかく個人的にどっか移動しようかなとその方が思った時に、タイムリーに他の生徒の助けっていうのが受けられない場合もあるんじゃないかなとも思っています。整備が困難って言う風にちょっと書いていただいているんですが、これっていうのは物理的、公的なその以外の理由で何かこう設置が困難っていうようなことがあるんでしょうか、ないんでしょうか?

 

市教委:基本的にバリアフリー対策というのはですね、法律上の要もありまして取り組んでおります。全てをバリアフリーにすることにつきましては、学校の敷地の形状からして不可能な部分もあるという意味の困難ということでございます。

 

中学校部会:物理的にっていうことですかね。

 

市教委:そういうことです。

 

中学校部会:当然受け入れるにあたっては、そういう方を受け入れるにあたっては、物理的な面以外という意味で何か出来てないというのは基本的には許されないなという風には思っていますので、そこはよろしくお願いしたいところです。それからあと肢体不自由児介護についてはですね、介助員がついてますということなんですけど、それはその生徒一人一人につくんですか、あるいは学校で何人とかって決まっているんですか。

 

市教委:肢体不自由児介助員は、支援学級、中でも学級種別、肢体不自由児学級、この学級に配置しています。でこちらの方はまず配置するんですけども、基本的には支援学級を補助するためにという形で配置しております。

 

中学校部会:すみません、支援学級、肢体不自由児支援学級というのがあるんですか?

 

市教委:そうですね、肢体不自由児の施設というかですね、支援学級を設置しております。

 

中学校部会:私もちょっと事情は全然分からないんであれなんですが、そういうハンディキャプをお持ちの方はもれなくその支援学級に入るということなんですか。それはあくまでも本人の選択なんですか。

 

市教委:個人の選択もありますし、まあ保護者のご意向もあってということで、無理やり支援学級に在籍させるということはございません。

 

中学校部会:そうすると普通の学級、普通という言い方も正しいかもわからないですが、そうじゃない学級に入って来られて、そのそういう方が入って来られても介助員がいない学校もあるっていうことですかね、その介助員の介助が受けられないそういう訳ではないんですか?

 

市教委:実際に支援が必要であるかどうかというところになろうかと思うんですね、通常の学級で在席するということであればその支援学級における支援というのは必要、受けないっていうところから始まるんです。はい、ですのでいわゆる支援学級でその肢体不自由っていう障害の中で介助員が補助につくという形になっています。

 

中学校部会:分かりました。あと学習のフォローなんですが、その支援学級についての学習のフォローなんですけど、ここは個別の教育支援計画を作成し一人一人の障害状況に応じた指導・支援を行っていますとご回答いただいているんですが、これはすいません、問いにあるように主要5教科をきちっともれなくカバーするという風なものと理解して間違いないですか。

 

市教委:主要5教科のフォローというかですね、いわゆる個々の障害の状況に応じてどのような支援が必要なのかっていうものを将来像以外でお話し作成するのが、個別の教育支援計画というような形になっています。ですので、その中で主要5教科っていうところに限定するのか、例えばコミュニケーション力なのか、その中でも教科で例えば語力なのか、数学なのか、そういった決まった中でついていけないのであれば、例えば今中学3年生であれば2年生の内容を進めていく、そこら辺を保護者と保護者の監督の下、計画立てていくものが個別の教育支援計画なんです。でこちらの方を作成する中でこれに応じた指導・支援というのを進めているというのがこれであります。

 

中学校部会:そうすると当該生徒における教育のカリキュラム、あるいは進路については保護者が必ず関与しているという理解でよろしいですか?

 

市教委:教育課程に関与しているっていうか、どのような形で将来像かというところの関与で、教育課程でこの学年のこの教科を教えてくださいとかそういうところまで話を進むかといえば、ちょっと疑問には思うんですけども、実際に今の肢体不自由児生徒にどのような力をつけるかっていうところからスタートする、それがその教育支援計画にあたりますので。

 

中学校部会:あの保護者との面談頻度ってどれくらいなんですか。学校によってまちまちなんでしょうか。

 

市教委:そうですね。学校によってまちまちですね。基本的にはさっき言ったように個別にということもありますし、支援学級という学級全体での懇談等ですね、開催されているという風なことです。

 

中学校部会:分かりました。ちょっと20分過ぎたのでまた時間あとで余ればまたお聞きしたいんですけども。中学校部会一旦以上で。

 

司  会:はい、一旦以上で。はい一旦以上わかりました。長らく中学校部会長ありがとうございました。それでは続きまして生活指導委員会さんよろしくお願いいたします。

 

【生活指導委員会質問】

●登下校メール見守りシステムの導入について●

生活指導:よろしくお願いします。生活指導委員会の方からは8つ質問をさせていただいたんですが、その中で追加で質問させていただきたいことについてお伺いいたします。まず1番なんですが、登下校見守りメールシステム導入についてお聞きしました。このメールシステムというのは平成19年度辺りからですね、総務省の方でも具体的にモデルケースを示しながら導入の手引きなどを公表されておりまして、認知されつつあるということで、導入を進める学校が増えております。実際に枚方市の近隣にも多くの市が導入していますので、この点について枚方市教育委員会としてはどのようにお考えでしょうか。これは何年間かもう続けての質問になっているかと思うんですが、近年ではすでに校門の監視カメラの設置や学校へのメール配信システムなど導入しておりまして、それらと機能が重複することなどからという市の事業として取り組むことは考えておりませんということですが、監視カメラや防犯カメラの増設というのは犯罪抑止や事件等が発生した後での追跡調査において有効であることを理解しております。また学校へのメール配信システムもパトロールの強化や注意喚起という点においては大変優良なツールであると思います。保護者はそうしたものに加えて子どもの登下校時、オンタイムでの安心感を求めています。校門をはじめとしたチェックポイント通過時刻の把握や緊急時にブザーと連動した危険通報機能など即時的な対応について、回答にあるような現状の安全対策でどの程度対応できているとお考えでしょうか。よろしくお願いします。

 

市 教 委:はい、こちらの方ですね、実際に監視カメラ、学校園配信システムということで、子どもの安全管理の確保というところでは進めておるところなんですけれども、実際に子ども見守りシステムやサービスを民間企業等が開発していることにつきましては私どもとしては把握しております。子どもの登下校時のオンタイムでの安心感を求められているっていうところではですね、またご意見としてお伺いしたいと思っております。

 

生活指導:よくわからなかったんですが、オンタイムでのそういうことはご要望はいつでも受け付けるということでしょうか。

 

市 教 委:ご要望というかですね、まずこのような安心感を求められているというところですね、加味したいと考えております。

 

生活指導:今、今後検討していく、されるというか必要がある訳ですので、検討を進めていかれるということなんでしょうか。

 

市教委:現状のところでそこまでの答えはできませんのでこのような場でこのように安心感を求められているというところですね。お受け入れさせていただくというところでご理解いただけますでしょうか。

 

●通学路緊急点検について●

生活指導:わかりました。では続きましてですね、2番で通学路の緊急点検についてなんですが、28年度の合同点検の実績をお聞かせくださいと言いましたが、実際この合同点検を行われた4か所について具体的にはどういった危険性、緊急性があってどう改善されたのでしょうか。

 

市教委:はい、こちらの方ですね、平成28年度は合同点検を市内4か所というところで枚方小学校、さだ小学校、津田小学校、藤阪小学校の校区の通学路の見通しの悪い道路等についてですね、道路管理者、警察と連携して点検にあたりました。その際にはですね、カーブミラーの設置や路面標示等の対策を講じているところでございます。また警察にもですね、取り締まりの強化を依頼するなど合同点検を行った箇所については対応ということで進めております。

 

●スマホ講習の実施状況について●

生活指導:わかりました。続きまして5番、スマホの使用についてなんですが、毎年講習会が行われている学校とそうでない学校があるようでして、教育委員会主導で行われている講習の頻度と対象学年など具体的に教えてくださいとお聞きしましたが、こういった講演会が実施されていることは把握しておりますので、28年度の講演会の実施状況をもっと具体的に教えていただきたいんですが。よろしくお願いします。

 

市教委:児童生徒支援室です。昨年度621日の火曜日から126日火曜日にかけまして小学校では21校、中学校では5校、1時間の一コマとして2校、あと午前午後をわけて一日で2校まわっている状況です。

 

生活指導:はい、ありがとうございます。これは大体一年間で全部の学校をまわれるというような形なんでしょうか。

 

市教委:あのご存知のように19中学校と45小学校ありますので、一年間にまわるというのはかなり厳しい状況にあります。学校の事情もありますので日程調整がまず入りますから、一応3年間で一通りするという消費生活センターと連携してやっている事業ですので、そういった形で3年間で一周いるかなというペースです。

 

●熱中症対策としてのテント設置について●

生活指導:はい、ありがとうございます。わかりました。続きまして8番の熱中症対策なんですが、中学校部会さんとちょっとかぶってる部分もありますが、校長会で実際テント設置についての情報提供を行ってますというお答えでしたが、校長会ではテント設置について実際どのような感触だったのでしょうか。必要性は感じていない、必要ではあるが設置するには物理的・金銭的に厳しい、テントの設置は難しいので何々の工夫をしているなど具体的な意見や反応を教えてください。

 

市教委:はい失礼いたします。教育指導課でございます。校長会では例えば学力向上の取り組みですとか教育施策の推進に関しまして、教育委員会事務局からの指示・伝達ですとか担当部署からの様々な事務連絡や情報提供等を行っておりまして、個別の案件につきましては学校長が学校に持ち帰って、それぞれの実情に応じて適切に対応されているというふうに考えております。熱中症対策としまして、例えばですけども、地域の協力を得てテントの設置を行ったということですとか、あと体育館に移動して全児童が日陰で休んでる時間を作った。あるいは30分毎に熱中症に対する注意喚起を放送で行った。また、ある学校ではミストシャワーを設置したなど、そういった学校が実際ございました。こういった学校事例を全部校長会の中でも紹介をさせていただいて、引き続きということで今後も熱中症防止につきまして、全学校園で注意喚を起行ってまいりますとともに、こういった好事例をどういうふうに進めていったらいいのかということでの情報提供を引き続き行っていきたいというふうに考えております。

 

生活指導:ありがとうございました。

 

司会:生指さん以上ですか?各部会・委員会から質問なり教育委員会からなければ、よろしいですかね、追加で何か言いたい方は?そうしましたらありがとうございました。最後に給食委員会さんよろしくお願いします。

 

【給食委員会質問】

●牛乳ビンの容器変更について●

給食委員:はい、よろしくお願いいたします。日々子供たちに栄養を安全面で考えた給食を提供していただきありがとうございます。今回出させていただいた意見の中で、1番なんですけども、牛乳についてなんですけれども、ビンの容器でして、子どもたちが重たくて開けづらかったり、特に低学年は非常に当番だったり、自分で蓋を開けたりするときに、いろいろと取りづらいとか危ないとかそういった声があったので出さしていただいたんですが、検討してこちらの方で形状、紙などの形状なり容器に検討していきますっていう回答いただいているんですけども、これは前向きに形状の方に容器に変えていくって形で考えていただいているっていうふうに思ってよろしいんでしょうか。あとそういった容器を変更することが年数がかかったり時間がどれぐらい、期間が必要なのかなってそういったことが分かれば教えていただきたいと思います。

 

市教委:はい、学校給食課です。よろしくお願いいたします。学校給食用の牛乳の容器については、今現在でも牛乳の製造メーカーの業界の方でも紙パックへの移行ということで進められているところです。各自治体も本市と同様検討は行っているところなんですけども、ここにも書いてます通り残った牛乳の処理ですとか処分ですね、こういった課題について整理を進め検討を行ってまいります。

 

給食委員:そうしますと数年先とそういった短いスパンで実施できそうだと思っていいんでしょうか。高学年にうちもなってきてるんですけども。

 

市教委:実施時期についてはですね、他市の動向ですとか牛乳業界とまた大阪府さんの方の動きとかもございますので、その辺も踏まえながら対応できるように検討していきたいと思っております。

 

●セレクトデザートを増やすことについて●

給食委員:はい、ありがとうございました。次に、セレクトデザートっていうのを年に一度あるということで子どもたちも非常に喜んでおりまして、もしできれば数が今より増えるとうれしいなと聞いておりまして、今のところ増やす予定はありませんということなんですけども、もし回数を付け加えるとしたら今二学期の末ということで実施していただいてるんですけども、年度末とか、学年の終わりとかの給食の日になったら子どもたちもうれしいんじゃないかと思ったりもするんですけども、やはり増やすというのは難しいでしょうか。

 

市教委:給食の献立作りにつきましては、教育委員会事務局だけで判断するのではありませんでして、各学校に給食担当の先生がいらっしゃいます。給食担当の先生方に集まっていただきまして子どもたちが増やしたいという給食、献立ですね、これがどういう状況だったといったようなご意見もいただきながら、次の献立を決めていくというそういう作業手順でやっております。今回いただきましたご意見につきましても献立作成委員がですね、  報告をさしていただきましてPTAさんのご意向も踏まえた献立作りということで取り組んでいきたいと思います。

 

●献立コンテストの実施状況について●

給食委員:はい、ありがとうございました。最後に4番目のメニューについて、児童が考えたメニューを献立に取り入れることによって食育につながるのではないかということで、それについて取り組みなどを教えてくださいという意見の中で、学校給食会が献立コンテストを実施していると、昨年度実施して頂いたということで書いてあるんですけども、これは頻度的には毎年やっている、毎年今後も毎年やるという、毎年とかそういう2年に1回なり毎年なりっていうその頻度とかは決まっていますか。

 

市教委:ここに書いてます大阪府学校給食会が実施しております献立コンテストが毎年実施されているものです。今回は今年度のですね、賞を取られた本市の児童の作品の3学期の給食で実施していくとまあそういったことです。来年度以降、同様に取り組みを進めていくかどうかは検討させていただきたいと思っています。

 

給食委員:はい、では来年はまだ実施は未定ということ?

 

市教委:失礼します。学校給食課です。大阪府の学校給食会の献立コンテスト自体は毎年行われておりますので、そこの方は各小学校の方から献立を応募していただいて、その賞が挙がってきた段階でやはり入れ替えようということでこちらの方取り組んでおりますので、そこら辺の状況を見ながらどういうふうに入れていくかということを検討していきたいと思っています。

 

給食委員:はい、ありがとうございます。ここの学校からの意見だったんですけども、自分の子ども含めあまり定着していないような感じだったようで、すごく絵が好きだとか、絵じゃなくてごめんなさい給食ですね、好きな子は取り組むけど、関心がないって言ったらおかしいんですけども、学校の給食委員さんの中にも定着してるのかしてないのかわからなかったのでこういった意見が何個か出たんだなぁと思ってまして、今このように回答ももらってますのでまたこちらも紹介していきたいと思ってます。小学校の方からは給食について以上なんですけども、中学校部会さんの方から中学校給食についてあるということですのでよろしくお願いいたします。

 

●中学校給食喫食率向上の検討状況について●

中学校部会:あ、すいません。再びでございます。最後のページ中学校給食について4つほど質問させていただいております。喫食率の目標ということで、定量的な数値を掲げておられるんですが、まず1点目なんですけれども、現在選択制での目標喫食率の向上に向けた取組みを進めるとともに、全員喫食の実施について検討・検証を行っているというふうなご回答でしたけれども、この検証・検討の中での課題とかあるいは喫食率の数値の目標だとか、その辺りっていうのは今も検討状況あるいは認識されておる課題とかをですね、この辺あれば聞かしていただきたいと思います。

 

市教委:目標喫食率50%としておりますのは当初選択性で始めるにあたって、食品規模をどの程度の規模を確保する必要があるのかっていったところから検討しました。当市がモデルとしております佐賀県佐賀市ですね、が本市同様にまた高いお弁当形式の給食を実施しております。そこでどういった喫食率が動いてきたのかっていったことですとか、他市の状況ですね、それ以外の他市の状況等も踏まえて50%程度あれば当面賄えるだろうという目測のもと50%ということで喫食率の目標数を定めました。それを踏まえて目標喫食率は50%ということで、これは大阪府の補助金を活用してそういう整備を行っておりますので、大阪府の方にも目標喫食率は50%ということで報告した、それが50%の報告ということになっております。あと全員喫食の実施にあたって検討検証というところなんですけども、やはり全員喫食を実施するにあたりましては運用経費においても、年間何億円かの市の経費が必要になるということも踏まえて財源の確保ですね、これが一番大きな課題ということで課題整理を行っております。

 

中学校部会:財源以外で何か課題とかって認識されてるところってありますか?

 

市教委:そうですね、一旦は選択制ということで実施したんですけども、やはりこの選択制をこの給食を決めるにあたってはですね、アンケート調査というものを実施をさせていただきました。その中では給食がいいという方もいらっしゃれば従来通りのお弁当の方がいいという方もいらっしゃいましたので、そこでそれぞれのご要望にお応えできるのはこの選択制だということで選択制ということを実施したということがございますので、その辺ですね、それぞれのご要望をどのように整理していくのかっていったところも課題かなって思ってます。

 

中学校部会:選択制じゃなくなる可能性っていうのはあるんですか。それはないですか?あくまで選択制は選択制として実施し続けるということでしょうか。

 

市教委:現在実施しています選択制はこれはこれで継続しながら全員喫食に移行するにあたって先ほどの財源確保という課題ということです。これは並行してやっておるということです。

 

中学校部会:あと給食の量だとかあるいは決済手段だとか、最後短縮授業時における給食の提供とかですね、この辺りひっくるめて給食利用されている方のニーズってすごい多様だと思うんですけどね。喫食率を上げるためには当然そのユーザーのニーズっていうのを把握しないといけないっていうのも当たり前の話でそこに対応していけるものといけないものとあるんですけど、量についてこれでお代わりを提供っていうのは量が少ないってことに対する対応だと思うんです。量が多いとかですねっていう風なこともちらほら聞いたりしてるんですけど、この辺りはどうなのか、残せばいいって話なのかもしれないんですけども。

 

市教委:給食の量ですが、生徒へのアンケート調査なども実施をしております。その中で全体の6割程度の子どもたちはちょうどいい量だというふうに答えをいただいております。残り2割ずつがもっと多い方がいい、少ない方がいいといったご意見です。もっと多い方がいいといったご意見に対するためにお代わり用のご飯ということで提供しておるんですけども、もっと少ない方がいいといったところについては申し訳ないんですけども提供側としてお出しできる答えはご用意はできておりません。ただ学校にあるいはクラスによってはですね、少しでいいからっていう女子がもっと食べたいという男子にご飯をパンをあげたりとか、そういうソフト面での対応をされているといったところはお聞きしておりますので、そういった取り組みをしていただけたらなと思います。

 

中学校部会:わかりました。いずれにしても決済手段の多様化だとか、あるいはその設定日における給食のない日も要はある日を増やしてほしいというところもあるんですけども、引き続きそこは細かくちょっと保護者とかあるいは生徒自身にですね、その辺りの認識とかニーズを踏まえた上で、今後も検討を重ねていっていただきたいというふうに思っていますのでよろしくお願いいたします。以上です。

 

司会:はいそれでは予定しておりました各部会、委員会の質問が終わりましたので自由な質疑応答に移りたいと思います。何かお聞きしたいことがある方は挙手の上、学校名、お名前を言っていただいてから質問をお願いします。マイク係がマイク持っていきます。いいですよ。こっちでも大丈夫、教育委員会さんでもこんなん言いたいってことがあれば言っていただいてもいいです。皆さん、参加者全員OKの時間です。

 

●危険個所の緊急対応連絡先について●

参加者①:すいません。枚方市立第二中学校です。よろしくお願いします。生活指導のところでですね、危険箇所の点検を行われたということなんですけども、この中で緊急性のある事案に対応していただきたい場合、具体的にはどこに声を挙げれば対応していただけるのでしょうかっていうのがですね、私自身もいろいろ経験した中でなかなかどこが窓口なのかっていうのがわかりにくいんですね。こちらの方にも学校通じて連絡をしていただきたいということなんですけども、それでは間に合わないような場合というのはやはり警察しかないという認識でよろしんでしょうか。

 

市教委:すいません、児童生徒支援室です。教育委員会になりますとですね、どうしても通学路という側面での危険対策というふうな形にはなっていってしまいます。私どももこの私の方ですね、平成25年度通学路危険個所の対応ということで、市内178か所ですかね、全部行って周ったりですね、したんですけども教育委員会でできることってなかなかないんです。できること言ったら通学路の変更であったりとかですね、そういうふうなところも本当に数少なく、後はこの部分で通学路を別に対応してくださいって話をして、大きいところで言えば例えば藤阪天神踏切ですとかですね、そういうような踏切の拡幅というところにいたところはあります。ただ緊急性って言った場合にですね、それが通学路としての緊急性なのか道路としての緊急性なのかってところになろうかと思うんです。道路っていうふうなところになりますと、どうしてもやっぱり教育委員会ですと通学路でどういうところで対応していくっていうところで段階、飛んでいくというので、学校にも言っていただいて教育委員会という話をしましたが、どうしても道路について何か変えないといけないということであればやはり道路管理者っていうところであったり警察っていう部分になっていくのかなっていうふうに思います。

 

参加者①:ありがとうございます。

 

司会:今の質問に対して何か。よろしいですか?よろしいですね。それでは先ほど手を挙げていました方。

 

●安全監視事業について●

参加者②:枚方第二小学校です。回答集の中の15ページ生活指導委員会の3番のところに係ってくるんです、昨年もこの場所で確認させていただきました。ここで取り上げられている安全監視員のこの午後の部分ですけども、午前の部のところが他の学校とかはボランティアの会を引き継いで地域の方がやられたり、その地域の団体の方が担われてますけど、我が校についてはPTAでそれを担っておりまして、午前の時間帯を2コマに割りまして、全会員に依頼して入っていただくという形で実施をしております。昨年申し上げたのはコマが全て埋まり切れずドタキャンと言いますか無断で休む方がおられて、安全監視を遂行できない状況になっていると。それをこのままでは事業をそのまま受託することは難しいということで、どういうふうに考えたらいいかということの問い合わせをさせていただきました。お答えいただいてその後正月に、辺りぐらいですかね、補助金の取り扱いについてもお尋ねさせていただいたり、今年に入りましてもコミュニティの会長を通じて若干問い合わせもさせていただきました。今日お伺いしたいのは、もし我が校のPTAがその事業を受託しないとなった場合に市教委としてどのような対応をされるかということがまず一つ。もう一つは全体に係る問題として、他の学校ではどのような状況なのか、長年やられてる方がおられると思いますけど、うちのように確保ができないという状態になってたりしていないのか、あと今後続けていく上での課題はないのかというところについて、市教委の方でどのように把握をされているのかということをお伺いしたいというのが2点目。3点目は2点目と係るんですが今後の安全監視事業の展望についてどのようにお考えなのか、この3点についてお答えいただける範囲で教えていただきたいと思います。

 

市教委:はい、安全監視事業につきましては、午前中はすべての学校で行っているという形で活動していただいているということで、学校によって活動していただいている方の出自と言いますかね、様々な団体の方々に関わっていただいたり、あるいは校区によっては個人の方が見回りにあたっていただいたりという状況がございます。PTAが参画されている学校もある程度はございますけれども、そうでない学校につきましては地域のボランティアや様々な構成団体ですね、老人会だったり校区福祉委員会だったりいうことで活動を担ってご協力いただいている部分も多くありますので、PTAが必ずやってくださいということでは決してございませんので、PTAでなければ個人のボランティアの方にやっていただく、そういったことになっていくのかなぁと思います。安全監視事業につきましては、平成17年度から大阪府の補助事業として始まってきたものなんですけれども、現在は補助金がなく市の単費でということで行ってるものです。平成17年度からということでしたけれども、平成12年に起きました大阪教育大学附属池田小学校ですね、あの事件を受けまして教育委員会としても校門を、小学校については校門を閉鎖するといった声なんですけども、常時閉門しておくということで学校の安全管理、保っていくという取り組みを行って参りました。安全監視事業を始めるまでにすでに全ての小学校に校門のオートロック装置とインターフォン装置をつけまして、校門の閉鎖管理というものはそれまでもやってきていたという状況でございます。長年こうボランティアの方にご協力いただいてきた事業なんですけれども、正直もう曲がり角に来つつあるのかなぁという感じもしております。平成17年度から個人として携わって来られたボランティアの方、何人かいらっしゃるんですけども、ご高齢になってきているという状況もございます。今申しましたように安全、小学校の校門管理は基本的には施錠管理ということで、安全を保つということでさらにその上に人の目による抑止という意味をつけまして、安全監視事業を行ってきたわけでございますけれども、逆に皆さんのご意見をお伺いしたいところもあるんですけども、果たして安全管理の上で人の目による安心感いうものがどれくらいプラスアルファーの効果となっているのかなぁというところを、逆にご意見をお伺いしたいというところも正直ございます。今後におきましては監視カメラ等の設置も進めております。さらにそういう監視カメラの方の設置が有効なのか、というようないろんな可能性も検証しながら安全確保の方法、手法を探っていきたいなというふうに思っている次第でございます。

 

参加者②:すいません。まず1番目のところで言うと、もしPTAが受けられないということであれば、個人のボランティアを募っていくということを市の方でしていただくというお話をいただいたというふうに思います。今後について率直に曲がり角に来てるというふうに言っておられる、私もそれは同意見です。人の目に触れるというところでの抑止力というところでのご意見をというお話でしたので、一定効果はあるというふうには私も思います。ただやはり計画してこういうボランティアでやっているというところは、予算の問題にしろ短期でやっていくというところで、できる限り低い安い予算でやっていくというところでやられていると思うんですけど、そこはある程度そこの予算配置を何とかしていただくっていうところで、ボランティアに関わらずというところでできないものかというふに思います。あと、うちでも課題言いますとね。入っていただくのはほとんどお母さん方になるんです。お母さん方が監視に入る時に一応監視カメラはある、施錠を解くのも職員でやっていただくということはあるんですけど、その人の目の抑止力なるっていう言い方をしてると、逆に言うと自分が危ないんちゃうかというふうに思いを持たれる方もいはるんです。入っていてちょっともう一時間半の時間がビクビクしているというふうに言っておられる方もおられるんですよ。そこを何かあっても保険で対応しますっていうても実際命に関わるようなことがあったら大変ですし、そういう意味では素人が取り組んでいくっていうところの限界というのも一つあるかなというふうに思っております。ただやはり子どもの安全を守るというところをどう進めていくのかというところはもっといろんな面で考えていかなあかんかなというふうに思っておりますので、また今後もご検討お願いしたいと思います。

 

司会:はい、ありがとうございました。ちょっと会長から補足いただきます。

 

市P会長:すいません、市P会長の前田です。今の意見に補足ではないんですけども、安全監視員あくまで先ほどもご説明ありましたように学校の門の開錠が主な仕事なんですよね、安全監視というよりも。枚二小さんやったかな、はPTAさんが全部賄われているというお話だったんですけども、小学校様々な形があると思うんですよ。聞いた話によると、コミュニティの方に半分入っていただいてその半分を地域のうち、藤阪小学校やったらおやじの会があったりとかいろんな会があるんですけど、守る会という会があったり、そういうとこで半分担われているとかっていうのがありますので。であくまで暴漢が入ってきたときに何かをするっていうのではなくて、例えば授業中に門から出ようとする子を、ちょっちょっちょーっと声掛けみたいな役割も十分果たしておりますので、これもPTAが全部100%負担するっていうのは当然大変な話だと思うので、是非とも小学校の方でコミュニティさんとか市PTAの方とご相談されてちょっとより良い形で安全監視の方続けていっていただければなあと思ってます。以上です。

 

司会:はい、それでは他に意見のある方、挙手お願いします。

 

●教育予算の活用の仕方について●

参加者③:着座で失礼いたします。第四中学校です。よろしくお願いいたします。先ほどご回答いただいた中で財源の確保というお話があったと思うんですけども、私今「枚方の教育」という本、各図書館に行けば全然あるんですけども、この中のデータだけで見てるんですけども、例えば今年度の1208000万ぐらいですか、予算を教育費としてここに計上されているんですけどね、昨年度で申しますと予算が122億に対して、実際使っておられるのが118億とあって、ざっと計算したら32000万ぐらい対予算から見たらまあ実際使われているということなんですけど、この32000万余ってるのに例えば先ほどのウォータークーラーの話ですと19校、今たぶん1台例えば20万としたら380万ぐらいの話になるのかと思うんですけども、それでもこれくらい財源の確保ができないということなんでしょうか?

 

市教委:予算と決算の額の乖離ということにつきましては、こう年度を通して事業を執行していく中で、必ずしも予算額全てが使えるような状況になるということではありませんので、年度途中に補正をしていたりというところがございます。その辺はご理解いただきたいんですけども、ただし、おっしゃっられたように有効活用という点ではね、まだまだ非常に工夫する余地がありますので、そういった工夫もしながら財源の確保をしていきたいというふうに考えてる次第であります。熱中症対策、ウォータークーラーということで話をいただいている中であれなんですけども、一つ皆さんのこれもご意見お伺いしたいなというふうに思ってますのは、中学校でね、市によっては中学校でウォータークーラーを設置してるんだけども、普通にこう清涼飲料水の自動販売機を設置されてるという市がありまして、その市では普通にどの中学校も置いてあるよっていうようなことを聞いておるんですけども、皆さん中学校に清涼飲料水の自動販売機を設置すると、どのようなお考えがあるかなということをお伺いしたいなと思っておりますけども。

 

参加者③:はいありがとうございます。さっきの自動販売機の件に関してはあれなんですけど、予算の中でやりくりしてっていうことで、途中で補正を入れながら何とか前向きということでお答えいただいてますので、なんですけど、もしそれができるようでしたら私予算余ってるのにというように申し上げたんですけど、その裏にはね、こんだけあるんだからいついつまでにやってほしい、やってもらうっていう期限を、例えばそういったできなかったとしても例えば30年度の5月までに何とか向けて今検討してます、とかっていうお返事の仕方が私はしてほしかったなという人なんです。大概検討中でいつごろこうこうっていう形でしたので、あのできましたらですね、来年度以降に関しては期限を言っていただけたら。できなかったらこういう事情でってことで済む話なので。その目標ですね、ここにもプラン・ドゥー・チェック・アクションって書いてましたけども、結局プランが出て、プランが出てきていついつまでにじゃあやろう、っていうことまでの話し合いがなされてないのかなっていうふうに答えていただいた部分に関して感じたものですから、予算取りも含めてなんですけども、是非前向きにご検討お願いしたいと思います。ありがとうございます。以上です。

 

司会:はい、ありがとうございました。自動販売機の件に関しましては、これでいいか、いかんっていうのは学校判断っていうか保護者でも賛否両論あるし、お金持っていくのはどうやとかいろいろな問題があると思うので、なかなか僕個人は全然いいと思うんですけど、いろんな問題もあるのかなぁという考えがありますので、そんなもんでいいでしょうか。はい、他さらに質問ある方。

 

●市教育委員会からPTA・保護者に期待・希望することについて●

小学校部会:小学校部会です。着座のまま失礼いたします。先ほど小学校部会の方から質問させていただいた件で、今一度改めてお聞きしたいことがあります。小学校部会からの質問ということで8911番辺りですね、教師の指導力、それから能力についてどのような流れかということで中長期的にはですね、いい方向に行くのかなということは感じました。是非このまま継続いただいてさらに改善を図っていただきたいなぁと大きく期待しております。ただ一方でですね、現実として短期的な課題解決に対して、今一度この場で質問さしていただきたいんですけども、短期的な課題の中に結構フィジカルな問題があると思っていてですね、やはりその小学校とはいえど、あるいは中学校やとさらにですね、いじめとか学級崩壊などこういったことに関しては、保護者にとってもそれからもちろん学校側にとってもですね待ったなしの課題でして、教師を教育していきます、研修していきますではちょっと済まないそういった状況も時にはあるのかなと思っています。ただこの場合ですね、我々保護者側から学校側や教育委員会側に何とかしろっというのは非常に簡単なんですけども、それでは根本的な解決にはならないんだろなぁというふうに思っておりまして、冒頭ですね前田会長の方の話にもあった通り、学校側と保護者側の協力があって解決できるということもあるんじゃないかなぁと。その可能性に私個人的にかけたいところがございまして、一度PTAの立場からお聞きしたいのは、我々の主観でこういうふうにするのがいいだろうというのを、いろいろ考えながら悩みながらやっているんですけども、枚方市教育委員会として我々PTAに対してこういった非常に難しい問題に対峙するときに何か期待していることとかですね、我々PTAに何かしてほしいこととかあるいは何ができるとお思いかっていうのを、もし何かお考えがあれば聞かせてください。

 

市教委:社会教育課です。どこに振ろうかと思ったんですけれども。我々行政、教育委員会として何か事業をしていくにあたって、市民の意見、対象者の意見、保護者の意見をいただきたいという中で、市PTA協議会さんのほうにお願いをして、いろんな審議会とか検討委員会とか、そういうところに保護者の代表という形で出ていただいたりしています。まさにそれは今おっしゃって下さっているように、PTAさん、保護者の方のご意見を聞かせてもらう、そういう形をお願いさせていただいているところなんです。我々行政、執行していく中で、PTAさん、PTAさんというよりも保護者として関わっていただきたい、ご意見を聞かせていただきたいというところが多々あろうかと思うんです。また、そういう形式的なところだけではなく、それぞれのご意見、ご要望とかご不満とかがあろうかと思うんですけれども、例えばこんなことできるよということも含めて、それは保護者の皆様のほうからそれぞれ担当課のほうに届けていただけたら、そこでともに考えていくこともできるかと思いますので、何でしょう、具体例がない中でお答えしにくいところもあるんですけれども、本当にありがたいお話だと思っています。例えばこんなことをやれるかと思うねんけど、どうかなと、わからなかったらまず社会教育課に聞いていただいてもいいかと思うんですけれども、そういった形でご意見等いただけたらと思います。すみません、大雑把なことしか言えていないんですけれども、どなたか何か言っていただけることありますか。

 

小学校部会:もしPTAにですね、保護者側に何か気を遣ってですね、本当はこういうことしてほしいんだけどなって、こういうのがあるだけですごく本当は助かるんだけどなっていう本音の部分を聞けたらなって思うんですけどね、聞けたらって話なんですけど。

 

司会:一応議事録残るんで。

 

小学校部会:じゃあってことですね。別の機会に。

 

市教委:本音というか、保護者の思いを聞かせていただきたいということで、いろんな審議会とか検討委員会とかいうところに市Pから代表を出してくださって、本当にたくさん出てもらっているかと思います。社会教育課のほうでは、児童の放課後対策審議会というのに委員さん、この中にも出ていただいている方がおられますし、また、歯科口腔計画ですが、こちらの会議については、PTAの役員さんの中からどなたかその日に出ていただける方を、みたいな形で参加をお願いしているような会議もあります。本当にそれぞれの分野で皆様のご意見をいただきたいという会議体を持っているということもありますので、何でしょう、ご意見を言っていただける場はいろいろあると思いますので、PTAさんのほうからそういう形で言っていただけるということで、こちらからも情報提供等をさせていただきたいと思います。

 

司会:はい、ありがとうございました。

 

●校務支援システム導入による改善状況、教職員定数改善要望の内容について●

参加者③:東香里中学校です。中学校部会の方の7番の質問の方なんですけども、ご回答いただいているんですが、先生たちの目線から私要望させてもらうんですけども、先生達の日頃の大変な業務を改善するために校務支援システムを導入しというふうにあるんですが、これによって、これを入れることによって先生達、残業等の改善とか環境の改善などが行われているのかどうかの実態把握をされているのかということを聞きたいのと、またこれに対して多分これはパソコンやと思うんですけども、パソコンが不向きの先生にとっては逆に余分な仕事になってるのかなっていう面もあるので、現状把握をされているのかと、また参考にあります教職員定数の件なんですけども、やはりこの教職員定数というのは昭和55年にできたもので今現在までずっと続いてる定数かと思うんです。昨今のやはりこの社会環境の現状において、もう昭和55年の時代の定数では少ないので今の現状に合わないとは思うんですけども、これ実際に文部科学省の方からの国の法律なんで意味合いはわかるんですけども、枚方市として改善要望を行っておりますと書かれてあるんですが、いつからどのように改善要望を行われているのかと、またその先生定数ですね、今40人に対して1名の先生の定数ですが、実は実際何名に対して先生が何人必要かという具体的な改善があれば教えていただけたらなと思うんです。

 

市教委:失礼します。教職員課です。まず校務支援システムの分についてですけども、この支援システムについては、これまで各学校で行っておりました通知表、指導要領、出席簿、あるいは健康診断、健康診断関係の書類等についてデータ化してそこからボタン一つで印刷していくような形で行っているものでございます。その他にも機能も他にもありますけども、主なところではそういったことで行っているもので現場からも声としましては、当然導入時はどんなものもそうかと思うんですけども、慣れるまでに少し時間がかかるということで、なかなか使いづらいというふうにも声もありましたけれども、システム導入して既に数年経過しておりますので、現場の声でも通知表の作成において非常に効果が出ているといった声も聞いております。実際の操作の方についても操作研修という形も行っておりましたので、そういった対応もしております。定数の部分ですけども、こちらは今ご質問の中にもありましたけれども、どうしても市だけではなかなか難しい部分があります。ですので、市と市教委としましてもこの定数改善については必要という認識を持っておりますので、あらゆる機会を通じて国であったり府の方へ要望を続けていくことでございます。実際に何人の教員が必要かという部分については、なかなかそれぞれの事情等あると思いますので、この場でお答えするのは難しいかなと思っておりますけども、定数改善については、ほんとに市教委といても要望を続けているところですのでご理解いただければと思います。

 

参加者③:ありがとうございます。

 

司会:よろしいですか。はい。それではですね、予定してました時間になりましたので質疑応答の方をこちらで終了させていただきたいと思います。最後前田会長から一言。

 

●会長まとめ●

P会長:はいはい、みなさん今日は本当にお疲れ様でございました。実は僕市Pに携わらしてもらって3年になります。2年前に中学校部会長の立場でいたんですよ。その時は市Pの実行委員会メンバーと教育委員会さんと3030人ぐらいでしたかね、真正面に向き合ってのいろんな意見交換会でした。去年会長やらしていただいた時にはそれも真正面を向いて、背中に昨年は各単Pさんからも来ていただくような形をとらしていただきました。でも何かこう意見が出にくかったりだとか、ヒートアップしてしまったりとかいろんな事情があったので、何とか今年、より皆さんが手を挙げやすい環境、また平和にポジティブな話ができるような環境作りってことで、奥野課長とすごく相談さしていただきまして、このような三角の場で皆さんの顔が見えるところで討議できたらなぁというふうに今回このような席を設けさせていただきました。これあくまで我々PTAというのはどうしても単年度制で入れ替わったりする場合があろうかと思います。ただ我々が引き継ぐ時にですね、実はこういう形で枚方市って教育委員会さんと意見交換できる場があるっていうのは結構他市にはないんよ、っていうのを次の世代また次の世代とつなげていってもらえたらなぁというふうに今回改めて思いました。また教育委員会さんにも今後ともよろしくお願い致します。本日は皆さん長時間ありがとうございました。

 

司会:本日は限られた時間の中、円滑な進行にご協力いただきましてありがとうございました。また本日は空調工事をされてまして寒かったと思います。申し訳ございませんでした。今後もPTAと教育委員会が協力しまして子どもたちのために活動していければなあと考えております。それではただ今を持ちまして枚方市PTA協議会と枚方市教育委員会との懇談会を終了させていただきます。本日はありがとうございました。

 


平成29年度 枚方市学校園安全共済会・枚方市PTA協議会 予算総会議事録

平成29年度 枚方市学校園安全共済会・枚方市PTA協議会 予算総会議事録

日時:平成29527日(土)午後2時~

場所:枚方市市民会館 3階 第3会議室 

* 開会の辞(司会 西尾さん)

* 会長挨拶

前田会長より挨拶

* 枚方市教育委員会挨拶

     森澤様(枚方市教育委員会 管理部長)

* 議長選出

立候補なしのため園さんに任命

* 書記任命

     畑野さん・稲田さんに任命 

 

第1部審議「枚方市学校園安全共済会」

1)資格審査(白石さん)

構成員71名 出席者55名 委任状12名 合計67名 総会成立。

2)平成29年度理事紹介および趣旨説明

○提案(前田会長)

○質疑 なし

3)議題確認

<2号議案その他>に上程の確認。いないので<2号議案その他>を議題より削除 

4)1号議案 平成29年度予算(案)承認の件

○提案(福川事務局長) 

・会費については要保護・準要保護家庭は免除している。

・平成28年度まで、市の補助金は要保護・準要保護家庭も含めて1人あたり300円をいただいていたが、平成29年度予算から、前々年度の事業費実績の半分を市の補助金としていただくこととなった。付記には小学校・中学校・幼稚園の子供の数で割った数字を記載している。今年度事業費総額の半分が市の補助金の額に満たない場合は、余ったお金は市に返還する。

・安全教育費の中で、安全共済会のことがあまり知られていないことから、啓発事業を予算に組んでいる。

・貸付基金については、大きな怪我をした時などに、日本スポーツ振興センターの給付は、一度保護者が費用を支払った後に降りるため、その間負担が大きくなることから、一時的に保護者に貸付ける基金。ここ15年程貸付実績はない。

・特別事故対策基金は、大規模災害での保護者の緊急移送費など緊急的な場合の基金として用意されている。

・決算額推移で単年度収支を見たとき、平成24年度までは赤字になっていた。平成25年度から見舞金を大幅に見直し、収支が黒字になった。

 

○質疑

<質問> 

・第四中学校 

平成29年度予算で繰越金を除いてみたとき、収入に対して300万円支出が多いがなぜか。
<答弁>

・福川事務局長

子どもの怪我は、今年度どれくらい起こるかわからないため、余裕をもって予算を組み、昨年度同程度としている。

 

<質問> 

・第四中学校 

交通費が上がっているのはなぜか。交通費で50万円もかかるものか。前年度実績をもとに、算定根拠をもって予算を組まなければならない。過去に赤字になっていたこともあるため、その点は気を付けて運営をしていただきたい。

<答弁>

・福川事務局長

職員の交通費だけでなく、平成28年度から理事の交通費も計上している。職員の交通費の36万円の実績があり、この見積もりで収まると考えている。ご指摘のとおり、気を付けていきたい。これまで交通費は単Pの負担で来ていただいていたが、単Pによって大きく負担が違うということが課題として上がっていた。支出は適正に行っていく。

 

<意見> 

・第四中学校 

単純に収入が余っているのなら、会費を50円下げるだけでも負担を下げることができる。その辺で調整することも可能かと思い発言した。下げられるものなら下げていただければ単Pの負担も減る。
○採択 拍手により賛成多数と認め、承認。

 

 

第2部審議「枚方市PTA協議会」

1)資格審査(白石さん)

   定員71名 出席54名 委任状13名 合計67名 総会成立

2)議題確認

<4号議案その他>に上程の確認。いないので<4号議案その他>を議題より削除 

3)1号議案 平成29年度会計監査選任及び役職者紹介

○提案(前田会長)

○質疑 なし

○採択 拍手により賛成多数と認め、承認。

 

4)2号議案 平成29年度活動計画(案)承認の件

○実行委員会(前田会長) ○幼稚園部会(吉川部会長) ○小学校部会(藤原会長)

○中学校部会(永田部会長) ○母親情報交換委員会(西谷委員長)

○生活指導委員会(佐藤委員長) ○給食委員会(西賀委員長)

○子ども人権啓発委員会(渕上委員長) 

○総務委員会(井村委員長)

 

5)3号議案 平成29年度予算(案)承認の件

○提案(前田会長)

 

○質疑(2号議案・3号議案一括審議)
<質問> 

・第四中学校 

平成28年度支出実績の記載はあるが、収入実績の記載がない。どうなっているのか。
<答弁>
・前田会長

決算額を口頭で説明させていただく。(口頭にて決算額を読み上げ)

<質問> 

・第四中学校 

各部会で予算を削られている一方、研修費、予備費が増え、トータルでは増えている。各部会で削られている意味を教えてほしい。

<答弁>
・前田会長

平成23年度から子供の数の減少に伴い、会費・繰越金ともに大きく減っていることが、各部会での予算を減らした主な理由である。個別には、幼稚園部会は母親情報交換委員会と一緒に活動を行うことで事業費が減っている。小学校部会・中学校部会は実績ベースで見たときと現段階で事業を見出しにくい特性から、各部会で内容をよく揉む必要がある。

一方、予備費には、新年度のランニングコストや大きな災害による急な慶弔費等に対応するため、準備金として予備費を40万円は残さないといけないと予算組みしている。研修費を上げている理由は、予算がつくと事業をしなければならないとなるが、予算規模に見合った活動となるとその分時間の拘束も多くなる。全体の枚方市PTA協議会として講演会ができないかと考えている。

 

<質問> 

・第四中学校 

繰越金を除いて、収入ベースで予算を組むべきではないのか。

<答弁>
・前田会長

ご指摘のとおりである。市Pでは積立ができないので、予備費をとっている。来年度に向けて、予備費の組み方について実行委員会でご意見いただけたらと思う。

<意見>

・さだ小学校 

収入の部の付記の書き方について、「人数×会費」は「会費×人数」が正しいのではないか。次回から直していただきたい。

<答弁>
・前田会長

一年間で考えていきたい。

 

○採択 拍手により賛成多数と認め、承認。

 

  • 書記解任
  • 議長解任
  • 閉会の辞 

     

    <質問>

    ・第四中学校

    ホームページを見ていて、昨年度輪番制をどうするかという質問があり、1年間揉んでみますという回答があったが、どうなったか。

    <答弁>
    ・前田会長

    輪番性は崩せないが、代理を認めるということで規約を改正した。生活指導委員会はブロックを廃止した。役職者の中で、現状としては、会長、子ども人権啓発委員会、総務委員会以外は輪番で回っている。


平成28年度 枚方市学校園安全共済会・枚方市PTA協議会 決算総会議事録

日 時:平成29年4月21日(金)午後7時~

場 所:枚方市市民会館 3階 第3会議室

* 開会の辞(司会 後田さん)

* 会長挨拶

   前田会長より挨拶

  • 議長選出

   立候補なしのため岸川さんに任命

  • 書記任命

   宮本・西谷に任命 

* 資格審査(渕上さん)

   構成員 PTA71名  理事25名  計96名

出席者35名 委任状25名 合計60名 総会成立。

 

第1部審議「枚方市学校園安全共済会」

  1. 議題確認

    <<4号議案その他>>に上程される方の確認。

    いないので<<4号議案その他>>を議題より削除

  2. 1号議案 平成28年度決算報告承認の件

    ○決算報告(安全共済会事務局長 福川さん)

    ・収入の部の、「会費」と「市補助金」の付記で人数に差(小・中学校)があるのは、「会費」は要保護、準要保護の家庭からはもらっていないが、「市補助金」は要保護、準要保護家庭も対象となり支給されているためである。

    ・安全予防費は、ノロウイルスやインフルエンザに罹った時の病院代は払うことはできないが、そういう病気を予防するための感染症予防の消耗費品として、ハンドソープ、クレベリン、マスクなどを購入して、各学校に配布しております。

    ・特別事故対策基金は、結構な大きな額がありますが、例えば修学旅行時の飛行機やバス、船などの大きな災害が起こった場合などに、市がなかなか出せないところを、理事長決済ですぐに出せるお金です。もしもの時に枚方の子どもや保護者のために使えるように置いてあるお金です。

    ・貸付基金は、治療費5000円以上の怪我などは日本スポーツ振興センターのお金がでるのですが、ただしこれは保護者が医療費を支払った後に書類をだして保険金が下りる形になっており、たとえば何十万円とか病院代がすぐに必要で保護者の方がお金がないという場合にこの貸付金からお貸しするというものです。十何年か前に一度お貸ししたことがあるそうですが、しばらく貸し付けることはやっておりません。

    ・参考資料には以前は年に400万円ほどのマイナスが出ていることがあったり、その年によって多かったり少なかったりしています。ここ数年、余分な支出を締め付けており、繰越金がでる状況になっております。

    ○2号議案 平成28年度会計監査報告の件(会計監査 豊田さん、交久瀬さん)

    本日は豊田さん、交久瀬さんが欠席のため、事務局で代読報告します。

    ・4月3日 会計監査の結果、適正であると認め、報告。

    ○1号議案2号議案 採択 拍手により賛成多数と認め、承認。

     

3号議案 平成29年度暫定予算(案)承認の件について

○暫定予算(案)説明(安全共済会事務局 福川さん)

・予算総会は5月に入ってからだが、4月から学校や部活は始まっている為、4~5月の暫定予算をいつもこの決算総会で承認いただいております。

・1年間を12で割って、2か月分をここに載せています。

○採択 拍手により賛成多数と認め、承認。

 

第2部審議「枚方市PTA協議会」

  1. 資格審査(渕上さん)

    定数71名 出席29名 委任状24名 合計53名 総会成立

  2. 議題確認

    ・6号議案その他の上程なし。議題から削除。

    ・<1号議案平成28年度活動報告承認の件>と<2号議案平成28度決算報告承認の件>

    を一括して上程・審議

  3. 1号議案 平成28年度活動報告承認の件

    ○実行委員会(前田会長) ○幼稚園部会(米谷部会長) ○小学校部会(園部会長)

    ○中学校部会(清水部会長) ○母親情報交換委員会(西尾委員長)

    ○生活指導委員会(後長委員長) ○給食委員会(小野委員長)

    ○子ども人権啓発委員会(土井委員長) ○総務委員会(尾上委員長)

  4. 2号議案 平成28年度会計報告承認の件

    ○会計報告(会計 中村さん欠席のため、西谷書記が代読)

    ○3号議案 会計監査報告の件(会計監査 河村さん)

    ・4月3日 会計監査の結果、適正とあると認め、報告。

    ○質疑 なし

    ○採択 拍手により賛成多数と認め、承認。

    5)4号議案 平成29年度役職者選任(案)承認の件

    ○役職者名読み上げ(指名委員 西尾さん)

    ・生活指導副委員長は(案)には記載されていませんが、本日アワノナオコさんに決まりました。給食副委員長は(案)には記載されていませんが、本日サイダミワさんに決まりました。

    ○質疑 なし

    ○拍手で賛成多数と認め、承認。

    6)5号議案 平成29年度顧問委嘱(案)承認の件

    〇29年度枚方市PTA協議会前田会長より

    顧問に水嶋さん、宮本さんを委嘱要望

    ○質疑 なし

    ○拍手で賛成多数と認め、承認。

  • 書記解任
  • 議長解任
  • 事務局の紹介(平成29年度は、山下さん、田代さん)
  • 閉会の辞

平成28年度 『枚方市教育委員会との懇談会』 議事録

平成28年11月16日(水)19時~  於:輝きプラザきらら7階 大研修室

  司 会 :みなさまこんばんは。ただいまより枚方市教育委員会と枚方市PTA協議会の懇談会を開始させていただきます。まず枚方市PTA協議会の前田会長よりご挨拶をいただきます。  

市P会長:みなさんこんばんは。本日は枚方市教育委員会との懇談会に平日のお忙しい時間にもかかわらず大変多くお集まりいただきましてありがとうございます。また社会教育部山口次長はじめとします教育委員会のみなさま、このような場を設けていただきまして本当にありがとうございます。本日の懇談会では幼稚園部会、小学校部会、中学校部会、生活指導委員会、給食委員会がそれぞれの教育委員会にお聞きしたいことをまとめて書いたものをまずは書面で配布させていただいて、その回答いただいたものを各学校PTAにお配りしているところでございます。本日はその内容を踏まえた上で、各部会委員長、副委員長が質問させていただきます。その後にもう少し聞きたいなぁということがありましたら質問していただいて結構でございます。持ち時間が各部会10分と決められておりますので、すべての質問に答えることができないことがあろうかと思いますけれども、その点はご了承ください。 それでは本日限られた時間ではございますが、最後までどうぞよろしくお願いいたします。以上です。  

司 会 :ありがとうございました。続きまして枚方市教育委員会社会教育部次長山口俊也様お願いいたします。  

市教委 :みなさまこんばんは。社会教育部の山口でございます。本日はこのような場を開催していただき誠にありがとうございます。PTA協議会の皆様におかれましては平素から教育行政にご理解ご協力いただき、また子どもたちの安全確保のため、通学路での見守り、校門での安全監視ボランティア活動など多大なるご尽力いただきまして厚く御礼申し上げます。 教育委員会とPTAは子どもたちが健全に安心して学校教育を受けられること、また子どもたちの健やかな成長を願おうという点で同じ思いを共有しております。また子どもたちが家庭や地域で安全に安心して様々な人々と触れ合える環境を作り上げるよう、学校、家庭、地域の人々が連携して取り組む必要がございます。子どもの安全を守り安全な社会を作り、枚方市の教育を充実させるために今後とも皆様のご協力をお願い申し上げます。最後になりますが、枚方市PTA協議会のますますの発展と皆様のご健勝、ご活躍を祈念いたしまして簡単ではございますがご挨拶とさせていただきます。なお引き続きまして本日出席させていただきます職員をご紹介させていただきます。皆様から向かって右側より管理部、学校教育部、社会教育部の順にそれぞれ自己紹介と課長からは所管する事務の紹介をさせていただきますのでよろしくお願いいたします。     

(自己紹介)・・・  

司 会 :ありがとうございました。皆様に前もってお伝えしておきますが、今日のこの場は要望要求の場ではありません。PTAが普段からどんなことを思っているかを伝えるのと教育委員会さんがどんな風に考えているのかどんな風に思っておられるのかということを知る場だと思っていただけたらと思います。 PTAが私どうしてもこのこと言いたいわというその言い方が、要望要求な意味合いになることもあるかもしれませんけどもその点は、あっそういう風にPTAの保護者が思ってるなということを知っていただけたらと思います。あまりすごかったら止めますので、大丈夫だと思います。 ということで今回も先ほど会長が言いましたけれども各部会委員会ごとに聞きたいことをまとめさせてもらって、それに対する回答をいただいた上での、もうちょっと聞きたいなと思うことをそれぞれの部会委員会で考えてきてもらっています。ではまず幼稚園部会さんお願いします。  

●3年保育について●

幼稚園部会:本日はよろしくお願いいたします。着座にて失礼いたします。 まず1番目の質問事項の3年保育についてなんですけども、枚方市では公私立の幼稚園に認定こども園が協調して園児を受け入れているとありますが、時代の流れに沿って変化していき、保護者のニーズに合う私立幼稚園に通う園児は増え、ずっと変わらず2年保育のままの公立幼稚園のニーズに合わず、どんどん園児が減りこれが協調と言えるのでしょうか。市としてはどういったことの協調なのかを教えてください。  

市教委 :失礼します。もうご存知かと思うんですけども、公立幼稚園と私立幼稚園の協調という経緯ですが、昭和50年代、子どもたちの数が今より非常に多かった時代に公立幼稚園に入園したくてもしきれない子どもたち5歳児を私立幼稚園の協力を得て何とかすべての幼稚園入園希望者を入園させてきたという時代がございました。で、その時代から私立幼稚園と公立幼稚園が役割分担しながら協調、協力してやっていこうということで今日まで至っている訳です。おっしゃいますように時代もだいぶ変わりまして保護者の方のニーズとか多様化している中で公立幼稚園として今この時代どのようにしてあるべきかということについて、まさに考えていかないといけないと思っているところです。これは教育委員会の教育指導課だけで考えるような小さいことではなくて全市的に考えていかなければいけないことだと思っておりますので、またご意見ありましたらよろしくお願いいたします。  

幼稚園部会:ありがとうございます。検討内容や進捗状況をお聞きしたかったのですが、まだということでしょうか。  

市教委 :そうですね。内容についてはご意見いただいていますように3年保育の必要性も含めて考えているところです。

●公立幼稚園のセンター的な役割とは●

幼稚園部会:ありがとうございます。来年度の各園、入園者数もかなり減ってきています。このような現状からも早急に検討から実行に移していただきたいと思っています。よろしくお願いします。次にですが、4番目の質問事項の公立幼稚園の存続について回答に記されている「センター的な役割」とはどういったことでしょうか。現状との違いを具体的かつ簡潔にお聞かせください。

市教委 :私共が目指しているセンター的な幼稚園というのは、私立幼稚園、それから保育所(園)、認定こども園、いろいろな箇所で幼児教育が行われている訳ですけども、公立幼稚園というのは国が定めています幼稚園教育要領に則ってきちっとした標準的な幼児教育を進める、それが公立幼稚園の役割だと思っています。で、また近々幼稚園教育要領が改訂される予定なんですけれども、それについて研究してその内容を保育所、幼稚園、認定こども園に広めていかないといけないという風に思っています。併せて、これはどちらかというと保育所だとか認定こども園、私立幼稚園の方がたくさんご尽力いただいているのかもしれないのですが、保護者の方への支援もあわせてセンター的な役割としてやっていかないといけないと思っております。  

●公立幼稚園全体の制度の変更はあるのか●

幼稚園部会:ありがとうございます。公立幼稚園の存続にはなかなか結び付きにくいのかなぁとは思うのですけども、もう少し公立幼稚園全体の制度を変えて運営を行うこととかはないのでしょうか。このままでは来年度より保育料の値上げもありさらに公立幼稚園から入園希望者が減ってきています。  

市教委 :制度を変えるというのは具体的に3年保育を入れるとかっていうことですね。そのことについても先ほど申しましたように、保育の内容について考えていくつもりであります。   幼稚園部会:ありがとうございます。公立幼稚園はどのような子どもでも受け入れてくれる、みんなにやさしい公立幼稚園の存続を願っています。どうぞよろしくお願いいたします。幼稚園部会からは以上です。ありがとうございました。  

司 会 :ありがとうございました。3年保育についてなんですけど、これは去年も一昨年も何年も前からずっと幼稚園部会さんからはずっとご意見が出ているんです。場所的に一つ教室増やすのは、一つというか3年保育用の教室を増やすのは場所的に難しいとかそういった回答の方が多かったと思うのですけども、まあとりあえずは前向きに検討されているということですか?3年保育をするように。  

市教委 :3年保育だけじゃないんですけれども、公立幼稚園について、どうしたらいいかというところは3年保育も含めて検討します。

  ●公立幼稚園のセンター的な役割とは●

司 会 :公立幼稚園をどうしたらいいかということを考えてくれているということですよね。公立幼稚園の在り方とか、先ほどのセンター的な…なんとなくわかりました?センター的っていうのはどんな感じかっていうのは。ちょっとわかりにくかったです。私も聞いていてちょっとわかりにくかったかなと思うのですけど、地域のそういう幼児に対する教育的なものを公立幼稚園を中心にいろんな展開をしていけたらいいという感じでしょうか。  

市教委 :すいません、わかりにくくて。保護者を支援するというのが保育所の方が中心になると思うのですけどね、幼児教育、かと言って小学校の前倒しでは駄目だと思っていますので、遊びを中心としたり、公立幼稚園で大事にされているような教育を研究して、公立幼稚園は必ず隣に小学校がございますので、そこと連携をしながら他の幼稚園、保育施設につなげていくかというところに力を入れていこうと思っています。  

司 会 :よかったですか。どうしても公立幼稚園は人数も少ないし、今、子どもが減ってきているので、ちょっと昨年も4つ閉園になったということもあってすごくなかなか難しいところがあるかなとは思います。人数が少ないから全然見ないという訳じゃなくて、やっぱり公立の良さっていうのは横のつながり。保護者の方も幼稚園同志のつながりがあり、たぶん園長先生はみんなつながっていて、すごくその公立幼稚園のいいところをできれば最大限に生かしていただけたらと思います。。私立は自分のとこだけですからね、大概ね。なので公立のいいところをすごくできれば考えていただけたらなと思います。 幼稚園部会さんいいですか?ありがとうございます。ほかの幼稚園、来られている方で例えば幼稚園部会にもちょっと言いたいなというようなことがありましたら手を挙げていただけたら回していきますのでよろしくお願いします。では続きまして小学校部会さんの方お願いします。  

●PTAへの緊急の情報提供について●

小学校部会:よろしくお願いいたします。着座で失礼いたします。始めに、事前質問に対して真摯にお答えいただき誠にありがとうございます。しかしながら直近の市教委の方々の対応に少しがっかりしているのが正直なところでございます。と言いますのも、1週間前に提出した僅か5問の追加質問に対して、その回答が未だに返ってこないと言う事に、少しがっかりしています。 世界12位争う国内の自動車メーカーさんとお仕事させていただいていますとこの程度の質問であると3日以内に返さないと取引中止という場合もありえます。この質問の答えをこの10分で使わないといけないということに対してがっかりしているのが正直なところであります。それはさておき、追加質問させていただいた内容については皆様のお手元にある資料等であります。先ほど山口次長が仰った様に子どもの安全安心というものが、保護者が子どもを学校に通わせる上で大前提の事と思います。事前質問の内容は、その大前提があっての質問だと思います。最近も事故で亡くなられたお子さんがいる。ほんとに保護者にしてはいたたまれない、痛ましい事故だと思います。それをいたずらか本気か分かりませんがゲームだと称する輩がいて非常に腹立たしい思いです。こういう情報が保護者である我々に来ないと言う事に対して私の思いを書かせていただいたつもりです。恐らく保護者の方々もそう言う風に思っていらっしゃると私は思っています。予め追加質問させていただきました5問についてご回答いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。  

市教委 :失礼いたします。児童生徒支援室です。今お話しいただきました思い、PTAだけではなくて地域の方も含め本当に私たちもそういう気持ちでおります。子どもの命が最優先であるという風に思っています。で、今回のこと不審者のこといろいろな危機事象があると思います。昨今も地震がありましたし。そういったときにどういう風に学校として対応するのか、また学校を支える周りのPTAのお父さんお母さんまたおじいちゃんおばあちゃんも含めまして保護者の方、そこが一番大事であるという風に私は思っております。で、今回いただいたんですけども、私たちの中で危機事象に関して判断するときには、やはり子どもにとってあまりこう、学校、地域も含めまして振り回されることはないようにとは思っております。いろいろなところから情報が入ってきます。例えば匿名で入る場合もあります。いかに信ぴょう性があるか、ということも私たちは危機管理としては考えないといけない。で、今回のことに関しましても府全体の部分であったというところでは、なかなかすぐに対応できなくって地域にも遅れたことに関しては申し訳なく思っています。で、府全体の問題でございましたので、府教育委員会としてどのような出され方をしているか、また近隣市の対応はどうであったか、特に横にあります寝屋川の場合は昨年度いろいろなことがありましたからその市としての対応もございます。また北河内7市としての対応もございます。その辺を勘案しまして、今回このような、今回に関しましてはね、そのような対応になりました。私たちが一番考えていますのはおっしゃる通り子どもたちの命を守ることにあると思います。その思いはおっしゃっていただいた思いは本当にありがたいと思っています。これだけ地域またPTAの保護者さんたちが、私たち子どもを守るっていう所管でございますので、その思いを受け止めてきちんとした対応が今後もできるように努めてまいりたいなあというふうに思いました。  

●緊急時にPTAにやってほしくない対応はあるのか●

小学校部会:出す、出さないの判断基準は教えていただいた内容で結構かと思います。おそらく振り回される振り回されないと言う話にいきますと、情報を我々が受け取ったときに、やってほしくない対応、3番の質問になりますが、教育委員会の方々として出した情報に対してしてほしくない対応があるのかないのか。してほしくない対応を保護者がするから情報が出ないのではないかと私は思うのですが、その様な事があれば教えていただけませんでしょうか。  

市教委 :失礼します。一番大事なのはやっぱり子どもを守るという観点ですから、保護者さんまた地域の方がやっていただけるというところを私たちがしてほしくないとかそういう事は考えないです。で、私たちもできる範囲のことということで今回は青色防犯パトロールを2週間と2日に渡って7時半から職員、人員集めまして登下校、危機管理室は南部、教育委員会は北部の方という形でまわらしていただいていました。まだまだ私たちもできることはあると思いますけど、私たちがPTAまた地域にこれはやめてくださいとかそういう立場ではないと思います。  

●PTAへの緊急の情報提供について●

小学校部会:4番の質問になりますが、何故情報をいただきたいかと申しますと、基本的に、人は性善説で物を見ると考えます。車が自分に突っ込んでくる訳がない、子どもに突っ込んでくる訳がないと思ってものを見ていると思います。例え誤報かもしれない、いたずらかもしれない、でもこういう情報が来ていると教えていただけると、見る目が変わると思います。やはり来ないだろうではなく、来ているかもしれないと思って見る目は非常に大切だと思っており、それで防げる命は多いと思います。今回、連絡があったPTAはほんの一部で、大半は情報をいただけませんでした。この場が要望の場ではない事は承知しておりますが、いたずらであったとしても保護者としては情報をいただきたいと思いますが、市教委と出しても良いとお考えか、出すべきではないとお考えなのかどうお考えでしょうか。

市教委 :今の視点はほんとに大事なとこで、あるかもしれない、最悪を考えて動くというは非常に大事なことという風に思っています。ただ、市教育委員会としてやはり近隣の状況であるとか府教育庁の危険性の出し方であるとかその辺は今後も今のご意見をいただきながら精査しながらともにやっていけたらという風に思っています。  

●踏切や狭い道の通学路の安全対策について●

小学校部会:ありがとうございます。もう1個、追加質問に関連してという訳ではないですが、今回、回答いただいた内容では、防犯カメラ取り付けました等、防犯の内容が多く見られましたが、枚方市全体を見ますと、歩道が狭い所が多い様に感じます。いただいた意見の中には子どもたちのすぐ近くをトラックが通るような踏切が通学路になっている学校もあると聞いています。 その様な事故にあう可能性のある通学路について今後の改善予定があればお聞かせいただけませんか。  

市教委 :失礼します。通学路の安全ということで教育委員会と警察、それから市長局のほうの担当部署で必ずPDCAサイクルでプログラムを作ります。年度初めに学校に対して通学路における危険箇所はないかということを把握する調査を行います。その中で挙がってきたものに関して三者で協議しながら対応していっているというのが現状です。  

小学校部会:わかりました。小学校部会はいろいろ聞きたかったのですが、時間になりましたので終わりにしたいと思います。ありがとうございました。  

司 会 :ありがとうございました。子どもの安全がもちろん一番大事ですけど、やっぱり地域とかほかにもいろいろ係るところがあるのでちょっと難しい面もあったかなぁと思います。おっしゃいませんでしたけど、学校には連絡がいっていたんですよね。で、その学校の判断で流す流さないを決めた、ですね。その辺りが、流すなら学校というか市内のPTA全部にそういう連絡を流していただきたい、同じようにね。ここの学校は流す、ここの学校は流さないというのがちょっとおかしいんじゃないかなという意見はあったので、その辺もちょっと先ほどおっしゃっていたように不確定事項なので、変にあおったりとか、そいうことしたらあかんというようなことはありますけど、今はネット社会でみんな情報を知って早いうちにばぁっと回っていたので、その辺も考えていただいて情報を出すというのは考えていただきたいと思います。さっきおっしゃったようにPTAにどんと言ってもらったら私たちは動きますよ。ということですよね。子どもを守るために。ということでどんどん言っていただいたら。たまにね、市教委に文句いう人もいたんですって。こんなメール仕事中にまわされても困る言うて、学校と市教委に文句の電話してくる人もいらっしゃると思うんですけども、そうじゃない保護者の方が多いということで。はい、ということで安心して情報を提供していただけたらと思います。また小学校部会さんすみません、その他の時間で、もし言いたいこと等ありましたらそこで言っていただけたらと思います。では続きまして中学校部会お願いいたします。  

●学校の整備計画について保護者が分かりやすく知ることは可能か●

中学校部会:中学校部会から、大きく3つを質問させていただこうかと思っています。それにあたりましていろいろな部署からご丁寧な回答をいただきまして本当にありがとうございました。 まず1番目の学校の設備について質問させていただきたいと思っております。教育環境整備室から回答をいただき、大変非常にわかりやすくてメールの実績等わかりやすかったのですが、実際保護者の方から、もっと細かい計画を知りたいとのことです。現在の枚方市ホームページでは学校施設の整備計画で、第一期実施計画という計画がありますが、そちらを拝見させていただきました。27年度から32年度までの第一期まで、一応予定されておりますが、大まかに教室棟、管理棟としか書いていないので詳細、例えば「教室棟の全般をします」、「教室棟の建て増しをします」などの細かい計画が保護者としては知りたいところです。誰が見てもわかりやすい計画内容を知ることは可能でしょうか。  

市教委 :保全担当です。よろしくお願いいたします。保全計画に基づいてということで、より細かいところということなんですが、実は実際、計画は計画でその中で進めていくにあたって、電気、設備、機械、建築、これのそれぞれの部分ごとにですね、いわゆる更新時期が来ているかどうか、こういったことを判断しての計画ですから、例えば外壁ということであればこれは校舎で教室棟となっていれば教室棟全般、全部ということになるんですね。ところが電気機械類になってきますと、立て札とかそういったものになると、ものによっては現場確保した中で更新の必要があるかどうかということも見るような形になる。ですからどうしても計画の中の表現的に屋根、外壁、電灯、防災、こういった表現、これ以上細かい単位で言いますと学校ごとにそれぞれ内容が違ってきます。また、確実にその年にその内容の修繕があるという風に思われても現実としましては予定を踏まえて学校への校長、教頭との確認を行いながらですね、更新を行っております。そういった意味でどうしても今言っているようなホームページ上の中にですね、例えば来年理科室やりますよとか家庭科室やりますよとか、こういったレベルの情報というのは申し訳ございませんが現時点では流しておらない。また当然これにつきましては予算等ございますので、予算等の中での確認をした中で行っていくというような状況になりますので場合によってはここの学校はいつなるのかというのはこの保全計画の中で見ていただくしかないというのが現状でございます。ちょっと見にくい計画になっておりますが申し訳ございません。ということでよろしくお願いします。  

●緊急を要しない場合の改修要望はあるのか●

学校部会:ありがとうございます。保護者の方からは「トイレなど壊れていて困っている」という声が結構多いのです。修繕計画なども含め保護者が事前にわかれば不安感を取り除けると思います。もしそういった計画が事前にわかりましたら逆に教えていただけましたらと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。続きまして同じ設備の方ですが、緊急性があるものに対しての保全に対しての返答は、すごくわかりやすかったのですが、緊急要しない場合の改修要望等は学校の方からはありますか。

  市教委 :はい、あの修繕ということでございますので、当然まず安全安心という点で、どうしても緊急性のあるものというのは特に子どもたちにとって危険性等があるもの、それからさきほどの保全計画でもそうなのですが、方針を変えるようなものについては緊急性があると判断して、通常のこの計画外の中で予算要求等行って修繕等工事を行う。またですね、いわゆる小規模な修繕対応で可能なものにつきましては学校からの要望等に基づいて現場にまず確認して、現状確認、それからその必要性に応じて、場合によってはもうその場で工事発注にかかる手続き等行って修繕を行っております。そういった状況でございますので、ご理解頂きたいと思います。  

●PTAが存在するメリットや意義はあるか●

中学校部会:ありがとうございます。続きまして、PTAについてという7番の項目ですけれども、社会教育課の方から返答をいただいて、定義は理解していますが枚方市教育委員会からみて私ども、PTAがあるメリットや意義を教えていただけたらと思います。  

市教委 :PTAがあるメリットとか意義というのはなかなか難しい質問だなと思うんですけれども、PTAというのは任意の団体で、担当の方は社会教育課でさせていただいております。保護者の方は、学校に対して、教育委員会に対して、いろんな教育の制度に対して、いろいろな思いがあると思うんです。個人のそれぞれの思いについて、例えば相談で伝えていく、または声を出していただく等、いろんな形で教育委員会の方に保護者の声は届いているかと思うんですけれども、その中で、どの部分の意見を参考にしていけばいいのかとか、全体の中で判断するのは難しいかなと。そのような中で、今日のような形で、幼稚園部会さん、小学校部会さん、中学校部会さん、生活指導委員会さん、給食委員会さんという形で保護者の意見をそれぞれまとめてもらって、このような形でいただけるのは大きなメリットではないのかなと思っています。PTAは学校の先生と保護者と、ということで、すべてはやっぱり子どもたちのため、児童・生徒を支援するためということが目的だと思いますので、そのような中でこういうふうに次に展開できるようなお話ができるというのは大きなメリットかなと思っています。

  ●受験制度の周知、絶対評価について●

中学校部会:ありがとうございます。その意義を持ってPTA活動を頑張りたいと思います。最後です。 6番の項目に少し戻っていただきまして、受験制度についてですが、一応検討として教育庁と協議して参りますと返答いただいているのですけれども、保護者の方からしまして実際に、この年々変わる受験制度が「すごくわかりづらい、いったいどこに向かっているのだろう」というような意見がありこういった質問が例年上がってくると思うのです。枚方市教育委員会として、はっきりとした指針を持ってたくさんの保護者や子どもたちにわかりやすい受験制度への取り組みや広報等をしてもらうことは可能でしょうか。また現在、絶対評価になっていますが、こちらに関してはメリット、デメリット、なぜ絶対評価なのかというところもお聞かせください。  

市教委 :失礼いたします。あの、昨年度、それから今年大きな入試の改革がありました。市教委としても一番に考えているのは児童生徒が混乱しない、保護者が混乱しない、教員が混乱しない、そこを強く大阪府の教育委員会の方に求めております。早くに資料を提示したいということもありまして、昨年度も含めまして市教育委員会独自で学校現場の方にこういう風な制度改革があるよとわかりやすくしたものを文書で通知したり、それから市教委としても進路指導主事がおりますので、そこへの詳しい説明、今回でしたら、いわゆる評価されたものが入試の時に必要な調査書ですけれども、それにちょっと整合性を考えなければいけない部分があります。それもコンピュータを使っていろいろしていくということがありますので、市教委としましては教員を使いながら今後も終始徹底していく、迅速に努めていきたいという風に思います。また評価に関しましては指導課の方で対応していくのかなと思っています。  

市教委 :絶対評価のメリットですね、小学校の間もいわゆるあゆみなんかも全て絶対評価で、ある基準があってそこに達しているか、もうちょっと頑張ろうなのかという個々人の評価としています。中学校の通知表ももちろん絶対評価なんですけども、受験にかかわるところでいきなり相対評価が今までは登場してきました。今回、受験に関わるところにおいても、それと一致させるというところだと思います。分かりやすく言うとA中学校の中でどの程度だったのかというのが相対評価だったと思うんですけども、それを全体、どの学校も学習指導要領に基づくんですけども、そこに基づいて評価の基準をきちっと決めてその基準に達しているかで見るというところで、公平、公正というところが一番メリットかなと思います。  

中学校部会:ありがとうございます。もう時間が時間ですので、もうちょっと聞きたかったのですが、また聞かせてください。ありがとうございました。  

司 会 :ありがとうございました。受験はどうしても府教委、府の方が関わっていますのでなかなか市教委がどうのこうのと言いにくいとこがあるととても思います。さっきね、おっしゃっていたように子どもが親がわたわたしないようにしっかりと市教委の方も情報を伝えていただいて、それを学校から保護者に伝えることを、しっかりと伝えるように伝えてほしいかなと。先生が結構わたわたするんですよ。各単Pで聞いても、いやわからないです、変わったからわかりませんという先生が結局理解していないところが今までも見受けられたりしたので、しっかりと市教委さんの方から伝えてそれを学校の方から先生に伝えてもらうというのをしっかりと見届けていただけたらなと思います。よろしくお願いします。じゃあ、また後でもし時間がありましたら違うことでお願いします。続きまして生活指導委員会さんお願いします。  

●小学校の交通安全教室の実施対象学年について●

生活指導:こんばんは。この度はご丁寧なご回答ありがとうございます。そして日頃より子どもたちの見守りをして頂きましてありがとうございます。着座にて失礼させていただきます。本日はよろしくお願いいたします。まず4番の自転車指導についてなんですが、交通ルールの指導の一部に下敷きを配布してくださっているとのことですが、子どもが日頃使用する文房具を通じて常日頃から意識できるような取り組み方法はとてもありがたいことです。ありがとうございます。自転車交通安全教室についてなんですが、放課後の地域の子どもの様子を見ていますと交通ルールを守れていないのは1,2年生だと感じます。就学すると同時にコマのない自転車に乗れるようになるのも同じくらいの時期で、スピードを出してしまう状態の中、行動範囲も急に広がることからとても危険なシーンを何度か見ているのですが、交通安全教室では小学校は3年生、中学校では1,2年生で実施していただいているのですが、どうしてそれらの学年なのかお聞かせください。  

市教委 :失礼いたします。子どもたちの自転車に関する交通安全教室を3年生、4年生で実施しています。今年自転車条例ということで大阪府から出ておりますので、全てにおいてはものすごい数ですので、全ての子どもたちを同時にというのは難しゅうございますので、危険性が一番高いというところで3年生、4年生にしております。1年生、2年生に関しましては、今交通安全教室ということで横断歩道の渡り方であったり、そういう風な部分をまずはしていこうという形でそこを進めているところです。またここにも書かせていただいておりますけども、リーフレットであるとか下敷きの配布、その時には担任から話をしますので、教室ではないですけれども、そういった形で周知をしております。  

●青色防犯パトロールについて●

生活指導:ありがとうございます。次に5番です。通学路の街灯や防犯カメラについてです。通学路の安全対策についてですが、現在小学生の下校時間には枚方警察の講習を受け、パトロール実施査証を持った方が青色防犯パトロールで巡回してくださっているとのことで、子どもたちは安心して帰宅が出来ているかと思うのですが、冬場の子どもの帰り道が心配ということだったのですけども、青色防犯パトロールの時間を延長して中学生の下校時間にまわってもらうということは今後の予定にありますでしょうか。  

市教委 :今お話しされましたように現在は火曜日、金曜日ということで青色防犯パトロールの方を教育委員会としてまわっております。2時半から4時半という形。またそのほかには春と秋の交通安全週間に関しましては朝と下校時間、7時半からと2時から515分ということで強化していきます。今ご指摘いただきました中学生の見守りに関しましては、またご意見としてお伺いしておきたいと考えております。

生活指導:それと枚方市では何台の青パトが巡回しているのでしょうか。  

市教委 :現在教育委員会で1台、危機管理室の方で1台という風になっています。  

●通学路の危険箇所の報告と協議について●

生活指導:ありがとうございます。最後の質問なんですけれども、6番のその他についてです。その他について一部を取り上げさせてもらいましたが、通学路の危険箇所についてたくさんの学校からの不安の思いや緊急性を感じ、すぐに対応してほしい、そのような保護者からの声が届いています。先ほどの小学校部会さんの危険箇所についてのお話でもありましたが、ご回答の中に毎年学校から報告のあった危険箇所について関係機関と連携し協議されているとのことですが、学校側が危険箇所を報告する時期は決まっているのでしょうか。それとも随時報告を受けているのですか。あと、関係機関との協議はどのぐらいのペースで行われているのでしょうか。  

市教委 :学校の方から求めていますのは年度始めです。4月、5月の方で調査をかけます。で、学校の方、校長が通学路を最終決定しますけれども、通学路に関しましては地域住民の方々のやはり動向を取るということがございますので、同意の元挙がっているものという風に思っています。それから2点目に関しましては今、順次行っていっているところです。どこまでというのは今資料を持ち合わせていないのですけれども、3、4のブロックに分けまして、それぞれブロック単位で3者合同で現場に行って確認してそういう作業になっております。  

生活指導:どうもありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。生活指導委員会からは以上です。ありがとうございました。  

司 会 :ありがとうございました。今最後にブロックとおっしゃったブロックとはどういう… 3者というと学校と地域、警察と。地域が入った3者かなという感じだったですけど、道路に関しては。ブロックとはどんな感じのブロックなんでしょう。  

市教委 :非常に何百箇所という箇所がございますので、全てを一時にまわることができませんので。私も詳しいことブロックがどこの範囲というのは分かりかねているんです。申し訳ないんですけども。順次地域ごとに分けた小学校区がありますので、今回はここをまわりますよということで安全確保を行っている。例えば急激に非常に交通対策上危険な箇所ということは挙がってまいります。年度当初のみならず挙がってきます。それに関しては児童生徒支援室の指導主事また交通対策課、市長部局とともに見に行き、その危険性を把握してまた対応していくという風な形をとっています。先ほど言いました三者というのは、警察、それから市長部局の交通対策課、それから児童生徒支援室になります。  

司 会 :ありがとうございます。危険箇所って子どもの目線と大人の目線でちょっと違っていたりとかすると思います。一時不審者が現れた時に、公園の植え込みが危ない、そこの陰に隠れたら危ないということで結構話題になったことがあったと思います。ぜひ学校とか保護者が入るかどうかしれないですけど、そこの校区をまわる時には学校なり地域なり保護者に連絡がほしいです。そういうことも含めて、親としてここはほんとに危ないと思っているところとか、ここはよく車が突っ込むよ!というとこはガードレールをしっかりつけてもらえたらなぁと思います。さきほどの小学校部会さんのような不安があるし、枚方は道が狭くて見通しの悪い道もすごく多いので、目に見えてある程度やっていってもらわないとどうしても不安が、それこそ不安をあおってしまうような形になってしまうと思いますのでよろしくお願いします。  

市教委 :はい、一個一個あたりながらなんですけども、地域の方も一緒に入ってもらっています。  

司 会 :地域の方もいいですけど、そこに保護者目線というか子ども目線も入れてもらいたいので、学校とかPTAの方にも一声いただければいいかなと思います。よろしいでしょうか。  

●青色防犯パトロールについて●

市教委 :すみません。青色防犯パトロールについて、少しだけ補足させてください。教育委員会の方で火曜日と金曜日に1台まわっているということだったんですけれども、市の方、危機管理課の持っている車が月曜日と木曜日にまわっております。あと水曜日に、環境部の青色防犯パトロールもまわっております。時間帯については、教育委員会のまわっている時間と同じようなのですが、それ以外にコミュニティとか、市内で13校区ですかね、青色防犯パトロールの車を持っているところが地域をまわっているところがあるということは聞いております。   生活指導:はい。ありがとうございます。  

司 会 :はい、ありがとうございました。続きまして給食委員会よろしくお願いします。  

●セレクト飲み物実施について●

給食委員:こんばんは。どうぞよろしくお願いいたします。今回事前質問に真摯に答えていただいてありがとうございます。着座にて失礼させていただきます。まず一番目に牛乳についてなんですが、お答えいただきましたが牛乳を用いた献立としてクリームシチューやスープなどがありますというお答えをいただいているんですけども、今回12月の給食の中で3種類のデザート、ヨーグルトムース、ゼリーの中から自分の好きなものを一つ選べるセレクトデザートの日があり子どもたちは楽しみにしているんですけど、それと同じような取り組みで給食に出す飲み物についてセレクト飲み物の日って作れないんでしょうか。  

市教委 :失礼します。学校給食課です。デザートの方はおかずのうちの1つとして提供させていただいています。で、子どもの方にもおっしゃったようにすごく人気でして自分で選ぶっていうのが本当に楽しいんだなというのはこちらの方も感じています。で、牛乳に関しましてはこれまでのようなご質問等いただきました。で、学校給食法っていう中で牛乳を取り入れて給食を組み立てるという風に決まっておりますので今小学校の方は、まあ小学校、中学校もですけれども、その学校給食法を守って給食を立てています。で、小学校の方でそういうセレクト飲料、セレクトジュースっていうんですかね、そういった取り組みというのはちょっとなかなか今すぐにという話はなかなかできておりません。で、中学校の方から、まあ中学校は選択制の給食ではあるんですけども、中学校の方で何かしら得られるか得られないかっていうことは手続き上難しいんですけども、牛乳以外のものも少し提供、一日だけお楽しみでとか提供できるのかなということを今実は検討をしているところです。よろしいでしょうか。  

給食委員:ありがとうございます。今お答えいただいたんですけども、近隣の市の方で交野市とかでは給食では牛乳ではなく月に1回りんごジュースやみかんジュースを提供しているんですね。同じ近隣の市が実現できているので枚方市の方も考えていただける枠というのはあるのでしょうか。  

市教委 :はい、近隣他市等の状況を踏まえましてですね、今後献立作成の中での牛乳に代わるものを提供していくということは検討させていただきたいと思います。

 ●中学校給食の小6向けへの説明について●

給食委員:ありがとうございます。続きまして小学校の高学年の保護者の方から1番多い質問が中学校給食の在り方なんです。今もおっしゃっていたように中学校給食は選択制になっています。それで新たに中学校に入学するときに入学説明会でお伺いするよりかは6年生の時に月1回、こういう状況だよというチラシなど小学校6年生向けに保護者向けにそういうチラシとか配布していただいておくと入学説明会来た時にこうやっていけばいいんだという心構えが変わると思うんですけども、そういうことは可能でしょうか。  

市教委 :あの選択制の中学校給食の方なんですけども、やはり喫食率を高めていくということでは教育委員会としてもかなり意識をもっているところなんですけども、その中で次中学生になられる6年生の保護者の皆さんに向けて情報発信していくことも大切なことだと思っています。今お伺いした、いただいた意見の中ではどういった形でそういった情報発信なりできるのかというのは今後また検討させていただきたいなと思います。よろしくお願いいたします。  

●小学校低学年の短い箸導入について●

給食委員:ありがとうございます。3番目に毎年話はさしていただいていたんですけども、低学年用の短いお箸について前年度検討するという回答をいただいているんですけども、今年は現状把握されているということなので、来期から可能でしょうか。  

市教委 :学校給食会の中に給食指導委員会というのがあります。校長先生や各小学校の給食担当の先生で構成している。その中でご検討いただいたりだとかまた各学校の考え方ですね。そういったものを把握をさせていただきました。事前に全45校を調査させていただきまして34校から回答があったんですけども、箸が必要であるというところが7校、現状のままでよいというところが27校でした。そういったアンケート結果も踏まえて先ほど申しました給食指導委員会の方で協議をいただいたんですけれども、やはり箸の長さ短さよりも箸の持ち方の指導、そういったところを充実していくことで食べ残しも減らせるような給食指導ができるのではないかというようなことで意見がまとまりましたので箸につきましては現状のままで対応していきたいと考えております。  

給食委員:ありがとうございました。給食委員会としては以上です。ありがとうございました。  

司 会 :ありがとうございました。では低学年用のお箸はしないと。それは学校側が必要ないんじゃないかというアンケート結果だったんですよね。  

市教委 :アンケート結果もですし45校全体で集まっていただいたときの協議の結果としまして現状のまま給食指導はやっていけるとさせていただいております。  

司 会 :わかりました。給食委員さんそれでいいですか。 はい。ありがとうございました。ではとりあえず予定した各部会・委員会の質問はこれで終わるんですけども、そのほかに何か全体を通してでもいいですし、もうちょっとここんところしっかり聞きたいなっていうところ、ご意見ある方よかったらどうですか。マイク係がマイクを持っていきますので。はい、どうぞ。  

●緊急を要する修理について●

参加者①:保全の方にお伺いしたいのですけども、先日ちょっと中宮中学校の体育館、ささくれで子どもがけがをするという事故がありました。そのささくれなんですけども数年前からずっと修理依頼を出していたと思うのですが、学校側としたら、結構ずっと言っていたことでして、実際けがをしてから緊急で修理をしていただいた、直していただいたんですけども、多分おそらく幼小中どこの学校も緊急を要するような修理を求めているところがあろうかと思われるんで、大変だと思うんですけども視察していただいて修理していただけたらなと思います。要望というかそんな感じになるんですけども。  

市教委 :今の体育館のけがのことでございますけども実はほったらかしにしていた訳ではございません。実はすでに体育館の床面が非常に経年劣化のなかで傷んでいる学校がたくさんございます。こちらの今も来ておりますが、うちの土木課でも現場の方に必ず足を運びまして現場を確認させていただいております。先ほどの保全計画の中でも体育館の床改修の日程の更新時期を踏まえて大掛かりな更新はその計画の中でやっております。先ほどおっしゃられた中宮中学のようにささくれだっているんだと、更新時期がまだだという時にはですね、修繕対応というような形で、板の傷んだ部分だけの張替え、こういった修繕工法を、先ほども申しました安全安心の中でですね、ここの学校はやはり現状けが人が結果的に出てしまったのですが、ひどいよという状況を踏まえてですね、実は緊急工事の発注の依頼を実はもうしていたという状況の中で、工事としては試験期間中に、体育館を使わないのでその時期にやろうかという計画まで実はできていたという状況の中であの事故は起こりました。その中でその学校と調整をさせていただいて、授業をとにかく業者が入れる時期に授業を止めて、3日間の中で工事をするというような形で緊急工事をしたというような経緯になっております。中宮中学に限らずですね、他の学校の体育館でも確かにそういう状況の悪いところはございますのでこちらの方で修繕対応等できる範囲の中で修繕対応、それから先ほどの計画でもいつ頃するんだということがあるんですけども、たとえ計画が例えば5年後だとしても、これは全面改装しなあかんというような状況になればですね、予算確保した中で計画を早めるというようなことも踏まえて検討するというような形でやっておりますので、これがひどいんじゃないかと思われる、保護者から見ればここはひどいというようなところがあるかと思うんですけども、小学校45校と中学校もたくさんありますのでひどいところにつきましては修繕等で対応さしていただくという方法でやっておりますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。  

参加者①:ありがとうございます。あと、ま、けがをしてしまったということは事実として残ってしまっていますので、できたら見直していただけたらなと思っていますので、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。  

司 会 :ありがとうございます。私もちょっとだけ知っているんですけど、足の甲貫いたみたいなのと病院の処置がもう一つだったというのを聞いたんです。今おっしゃられたんですけど私も以前プールでけがをして血が出たという子がいて、そのお母さんがすごい言うてきたんですよ。で、それを市教委に聞きに行ったら、いや、うちはそんな子どもが怪我するようなことは緊急で対処するようしていますからって言ったんです。要望をまとめてあるのを見せてもらったらそこにしっかり子どもがけがしていますって書いてあったにもかかわらず市教委が全然知らなかったというか見てなかったと。で、継続と新規、新規は見に行くけど継続まで見に行っておられません、その当時の方が市Pに言ってたんです。継続、毎年学校が出しているのはなかなか見に行く時間がない、1回目は見に行くけど。新規だったら見にいくけど、それが234年目になると、一回目見に行っているから見に行かない、見に行けません!ということを怒って言ったことがあるんです、実は。なので、こういうのってやっぱり学校、是非継続でも新規でもその年その年でね、そのささくれももしかしたら去年は5センチくらいだったものが今年は10センチになっていたとか毎年いろいろ変わると思いますので、継続もきちっと、いっぱいあるとは思いますけれども、見に行っていただくのと、子どもがけがをしそうなところは早急に対処してくださいね。きっと、しっかりと対応していただけると思いますので、もしそういう事案がありましたら。これは言わないとわからなかったりするんですよ。学校側が毎年出しているのになかなか対処できてないですっていう場合に、子どもが怪我する前に保護者の目でやっぱりちょっとここはひどいよというところがあったら一報入れたら見にいってくれますよね。  

市教委 :ちょっと誤解もございますので。学校からの要望、継続だと見に行かないということではございません。継続も含めて新規も含めてですね、現状を優先順位をつける中で言いますと緊急性のあるもの、それから結果的に子どもたちの安全安心を確保しなければならないという点においては先ほどの体育館の床であったりプールサイドの傷みであったりこういったところについては修繕でいけるのか工事、大掛かりな工事をしなければならないのか、これは継続的に検討はしておりますので。ただ結果的にですね、すぐに行けないケースもございます。またやはり自前対応と言いますかメンテナンスグループというのがうちにはいまして、職人気質の木工工事等するメンバーもいますのでそういったところでの緊急対応をしっかりですね、もしくは学校公務員さんの方で何らかの対処ができないかと、こういったことを常に相談させていただいて、中ですべてがこちらの保全担当の方ですべてやりますよといいきれない部分もございますので、どのような形の対応が一番リスク少なく安全にいけるかということを考えておりますので、まあ予算がある中ではございますがその中で対応してまいりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。  

司 会 :是非よろしくお願いします。これも子どもの安全確保ということなので是非よろしくお願いしたいと思います。他に何かご質問ございませんか。ちょっと言っておこうかなとか。はいどうぞ。  

●小学校の学校安全監視事業について●

参加者②:枚方第二小学校からです。小学校の学校安全監視事業のことでお伺いします。枚方第二小学校ではPTAでこの事業を担っています。10年前に当時の会長が志望してこの事業を受託したという風に聞いております。10年間やってきてその間運用方法は色々変わってきているんですが、おおむね保護者の方からは年に1回くらい入って子どものために出るという、役に立てたという実感を持ってもらっていたというふうに理解をしておりました。今、午前の時間の枠の2コマに分けて全家庭に入っていただくように本部の方で当番を決めてという形でやっているんですが、今年に入って、その当番決めているんですけど、入れないときは誰か知り合いの方に声かけていただくか本部の方に言っていただいたら代わりのものを出すという形にしているんですが、そういったことをせずに無断で欠席するというケースが多く現れてきまして調べましたところ4月以降120日くらいあると思いますけど240コマのうち13コマで無断欠席がある。だいたい5%くらいになると思うんです。まあ無断で休むということ自体どうなんだということがあります。で、ただ考えてみると保護者の共働きが増えてきた、そこの職場で忙しいなかなか休みが取れないという中で非常に苦しい思いをしながらも結局誰にも声かけられず要は無断で休んでしまうということになっているのではないかと思います。で、その辺りをPTAで考えていこうと思ったときに、そもそもこの事業を受託しているということについて検討しなおさなければいけないのではないかというふうに考えているんです。これはもう10年前に受けてから今までずっと続けているわけですが当時の確認書みたいなものが残ってないのでわからないんですけど、要は1年ごとの事業なのかそれとも一度受けたら永遠に受けなあかんものなのかその辺もようわからへんのです。本来でしたら年度予算を立てているもんですので1年ごとに来年もやりますかという確認もあってその上で、何とか来年もやりますみたいなことで続けていくということになるのですが、全然そういったことがされたということも聞いておりません。ちょっと質問になるんですね、これは撤退できる事業なのか、撤退できないとしてもそれぞれの担っている団体が我々でしたら会員がそこに入れないという事態が起きているという、で、ほかコミュニティがやられているとこが多いと思うんですが高齢化の問題があって人のやりくりに苦労しておられるというところについてどれだけ把握をし、で、単に励ますだけじゃなくて相談をする、で、もしどうしても埋められないときに市教委として責任をもって対応するすべを持っているのかどうかその辺りをお伺いしたいと思うんです。そういったことをこの事業はどういう性格のものなのかということをすべて把握した上でPTAで今後どういうふうにこれについて考えていくのか情報提供をしたいという風に思っておりますので今お答えいただける範囲で教えていただけたらと思います。  

市教委 :小学校の安全監視事業でございますけども、平成17年度から地域、保護者多くの方に協力を得て今日まで続いているところですけれども、おっしゃっているように学校ごとに地域が主に担っていただいている学校、そしてボランティア、地域代表ということでなくてボランティア、有志の方が担っていただいている学校、あるいは保護者の方、まあ保護者の方と地域の方が一緒になって活動していただいている学校、それぞれ様々な状況でございます。で、活動していただいている方々には本当に感謝している次第でございます。この活動の域、事業の域ですとか私たちが望んでいることを含めてこれまでの要望のあった地域あるいはPTAには学校に出向いて説明をさせていただくという機会もありましたけれどもここ近年そういった機会もあまりないということでございます。ご要望いただきましたら保護者の方に私どもが寄せていただいてまあこういうことなんですよということで説明してさしあげる、その上でPTAとしてどういう活動をしていくかということを改めてご判断いただくことも大切なのではないかと思っております。この事業の一つの目的の中に多くの方が関わっていただくことで地域の方が子どもの安全に関心を高めていただくということもこの事業の目的のひとつかなとも思っています。ですからPTAだけで担っていただくということよりも私らのほうとしましても、保護者の方も地域の方も一緒になって活動していく中で何か生まれるものがあればいいなという風に考えている次第でございます。  

参加者②:今うかがっていますと安全監視そのものの目的というよりも地域の方で地域保護者で学校を守っていくというところに主眼を置かれているという風に理解をしたんですけど、実際やはり安全監視が目的ではないかと思うんですよ。で私ども穴をあけたというところに関してはものすごく反省もしているんですが、逆に言うと穴をあけている状態というのは業務日誌もお渡ししているので教育委員会も把握されていると思います。それについて何かしら状況についての確認をされたりだとか何かしら指導を入れたりだとか場合によってはペナルティを与えるとかそういったこととかも必要ではないかという風に思うんです。そういったところで申し訳ないんですがやはりそれぞれの学校の団体に丸投げされというイメージしか持てないんですよ。そこを10年経ってそういった状況も変わってきている中で改めてちょっと見直していくというとか何とか事業を頑張ってくださいというだけではなくてほんとに意義がある事業にしていくという姿勢で臨んでいただきたいなという風に思っています。また学校に来て説明していただけるということですので、それはまた聞きたいと思いますので、その時はよろしくお願いします。  

司 会 :ありがとうございます。これ平成17年からやっていますけど寝屋川の中央小学校で卒業生が学校に来て先生を刺して殺したっていうのがあって府が緊急で大阪府下の校門にそういう監視員を置くっていうことをまずね、お金を出してやったんですよ。で、おそらく3,4年で手を引いたんですよね、確か。3年ぐらいで。で、それから市の単費でやる形になったというところと、その時ね、実際、寝屋川は、警備員を置いたんです。あの事件が起こった後に。で、枚方市のある会長さんが、私そのとき市Pの会長をしていたので、言ってきました。何で枚方は警備員しないのかと。その方が絶対いいと言ったんですけど、当時の寝屋川市Pの会長が警備員はあかんと言ったんです。何でかっていったら警備員って銀行を守る警備員ばっかりじゃなくてそこら辺の道路で、はいこっちこっちって言っているあの人もプロの警備員だと。で、全然自分との子どもとか孫とか全然地域と関係ない人がそこにいて、不審者来た時に体を張って子どもを守るとは思えないと。なので地域の人たちとかそれこそPTAとかが自分の子どもを守るためにそこに立つっていうのは絶対に必要だと。だからプロの警備員とかは絶対にやめた方がいいと当時の寝屋川市の市Pの会長さんが言ったんです。私はそれを覚えているんですけれども、まあさっき丸投げとおっしゃいました。確かに丸投げっていうところはあります。協力的な地域は地域でやってくれているし、実際PTAでまわしていって本当に大変な思いされているところもあるのは知っています。難しいところだと思うんです。子どもの安全を守るのが意義があるのはもちろん、枚二の会長さんも、重々知った上だと思います。今PTAの負担をできるだけ減らしていこうという時代の流れもある中で仕事しているのに年に何回かはやっているというのは大変だなとは思うんです。もうちょっと地域とかの協力とかも得たりとかできるように教育委員会の方も枚二だけ聞くわけにはいかないと思うんですけども、そういうときにPTAが困っていたら足を運んでいただくようなこともしていただけたらと思います。よろしくお願いします。他に何かありますか。  

●PTAへの緊急の情報提供について●

参加者③:すいません、船橋小学校からですけど、小学校部会さんから出てる追加質問のことなんですけど、答えらしい答えに感じがちょっとしなくて、具体的に番号を振って答えてほしいことっていうのを挙げているので、できればもう少し具体的な話を伺いたいのと、今回の府全体のことでこの話がツイッタ―に上がったりはしているんですけど、これって枚方は枚方独自できちんとした形で保護者に報告をおろしていただくということはできないのかどうかということを知りたいところなんですけども。正直うわさがうわさを呼ぶような形になってしまったりして保護者も不安だったんです。PTAとしての対応も学校からはおりてこない、噂のような状態、知っている人がコミュニティの人やったから聞いたんですという形になってしまうと、そっちはそっちでいろんな不安感をあおってしまうことになりかねないので、内容としてよそでいたずらって思ってはったとしても枚方としてはこういった対応をとっていきましょうみたいな形にはならないのかっていうのを教えてもらいたいんですけど。  

司 会 :さっきの小学校部会の追加質問ですね。  

市教委 :今のお話伺っていましてもね、コミュニティの方からうわさを聞く、それから子どもたちからかもしれないですし、保護者の方からかその状況はちょっとわからないですけども、とにかく混乱が生じたっていう風にお話を伺っていても、思いました。それは避けるべきであるという風に思っております。先ほど私がお答えさせていただきましたけども、混乱が生じないように委員会それから市長局、管理室等連携しながら今後も考えていかないといけないという風に思っております。  

参加者④:そこじゃないと・・・すみません、牧野小学校です。保護者の、PTA会長としてじゃなく保護者として言わせていただくと、そういうことの回答を求めているんじゃなく、すみません保護者としてではなくPTA会長としてですね、要は今回何が憤りを感じたかというと教育委員会さんはちゃんと連絡をおろした、けど学校側からもコミュニティからもこちらのPTAには何も連絡がなかった、けど保護者からはこんなことになっているのにPTAは何してくれんのみたいなこと言われた、で各PTAの会長同士が集まった時にその話になって憤りを感じているということで今回小学校部会長に追加質問に私はお願いしたんですが、例えば明日同様の事案が起きた時に教育委員会の方からはいわゆる学校側コミュニティの方にPTAの方にもおろしてくださいということを言っていただけるのか、それともやはりこちらで明日以降学校とコミュニティにこういう事案があった時には必ずPTA側にも連絡をいただけないと困るということを僕らの方から発信しなければいけないのかっていうことを明確にしていただけないと、今後と言っていただいているのはわかるんですけどこの時でも結局連絡ある日の朝、次の日の朝の登校時もしくはその日の下校時に事件が起こっていたらPTAは何も知らなかったからということでは言い逃れは確実にできなかったので、そこがすごく不安を感じたので、で今、船橋小学校からも言われたのは、その辺の、今回起こったので今すぐ教育委員会さんどうのこうのという訳ではないんですけど、ただ連絡の系統を教育委員会としてはPTAまで言ってくれということを言えないということであれば、こちらがコミュニティにはっきりとした意思表示をしておかないといけないということなので、ただ今回こういう機会をいただいたので追加質問という形で教育委員会がそういうことをしていただけるのかということを明確な答えがほしかったというところです。ただそこをさっき部会長の時は時間が短かったのでうやむやになったので、明確な答えをいただきたいということです。  

司 会 :今後、市教委がPTA一人一人にこうやって連絡することは無理なんですけども例えば学校に連絡した段階で必ずPTA会長さんに一報お願いしますっていうことをつけてもらえるかどうかですよね。その辺できればそうしますって言っていただくときっとここにきてる会長さんたち自分たち責任を持って例えばPTAのほかの人に伝えるとかしてくれるんだと思うんです。やっぱり知らないで何か起こった時には後で後悔するよりはやっぱり知っていて過剰だったかもしれないけどそういう対処ができるかできひんかってだいぶ違うと思うんです。例えばさっき言ったみたいにね、仕事していてこんなメールもらっても迷惑やって市教委とか学校に文句言う人もいると思いますけど、その点はやっぱりそこの単Pさんで話をしてそれじゃだめだよってことをお話してもらえるような形にしてもらえたらなと思うんですがどうでしょう。  

市教委 :失礼します。同じことの答えになってしまうかと思います。現在私の方からお答えさせていただくには。先程と同じような答えになってしまうんですけれども、今回の事案等々本当に近隣それから府教育委員会の対応の仕方等々確認しながら進めてまいります。必ずその学校の状況もやはり地域によっても違う部分があると思いますので、その辺今ご意見いただいたようなことは避けていきたいという風には思っています。同じような答えで申し訳ないですけども。  

参加者④:すみません。今の返事ですとPTAに連絡してくださいというようなことは教育委員会からは言えないということですか。 市教委 :その事案によってくるかなとは思っています。先ほどから申し上げているように保護者の方々は子どもの安全のためならいとわないという風におっしゃっていただいているその気持ちは私たちは今回それをどういう形で結果として違うような方向があったのかなと私は今思っておりますので各学校のPTAさんに知らせた学校、知らせてない学校、そういうところでの混乱が起きているという風に私は思っております。ですからまあ同じ答えになって本当に申し訳ないんですけど、その時のその事案の状況また近隣の対応それから府教育委員会の情報発信の仕方等々勘案したいということでまとめさしていただきます。よろしくお願いします。  

司 会 :今おっしゃっていたことはすぐに返事ができるかというと難しいと思いますけど、先ほども体育館の話もありましたけど情報提供って大事だと思うんです。情報提供っていうかある程度言うてもらうって。その出す出さないはその単PPの単位PTAで考えてもいいかなって思います。今回、何でみんなこういう風に言っているかというと流した学校と流してない学校があるっていうのが一番きっとあかんのと、その情報って私もあのことはFacebookかなんかで回ってきたんですよ。そういうのアップしている人がこんなことがありましたって。結構今情報の時代なのでほんとに皆さんいろんなツールでそういう情報って手にしちゃうんです。その時に、あれこんなことがあるのに何で学校から一言もないのとか何で言うてくれないのやろっていう、そこでちょっと不信感が出てきてしまうというのが一番あかんことだと思うんです。おっしゃっている意味はすごくわかるんです、状況によって、言えることと言えないことがあるということはすごくわかるんですけど。できれば今日こういう意見があったということを踏まえて、せめて学校と、学校にはある程度情報を出しますよね、市教委としては、その学校長の判断でPTAに言うか言わへんかをバーンとそれこそ丸投げではなくって、できれば一言PTAの方とも相談してくださいというようなことを言っていただけるといいんではないかなと。それでその学校の校長がうちは言いませんと言ったらそこの校長とPTAの会長さんで話し合っていただいたらいいと思います。これ普段からの信頼関係ではないかなと思うんで、その辺こうやってバーっと言われて、市教委から私たちに言われてもってならないで、その学校長さえきちんとそういう判断で、中にはこれは言ってもしゃあないやろって言う校長もいてると思うんです。実際ね。ただ、ほんとに情報社会でよそから耳に入ってきますよね。そこも第一ブロックで話したときにそういう話になったと思うんですけど。なのでどこからでも情報は入ってくると思っていただいた方が。その時に何で言うてくれへんかったんやとなるよりは先に不確かですけどこういう情報がありますよと伝えていただけたらいいんじゃないかなと思います。こういう風に思いがあるということを知っていただけたらと思います。  

●市教委内での情報の共有について●

参加者⑤:樟葉南小学校のPTAです。よろしくお願いいたします。単純な質問なんですが先ほど来、保護者もしくはPTAの方から意見があったら聞いていただけるというような体制でしていただいていると思うんですけども、一つ何かこういう大きな先ほどのけがをされたお子さんがいたかと思うんですけども、その各担当部署の方が対応された後ですね、どういう形で教育委員会の中ではそういう情報を共有されているかっていうのを教えていただけますでしょうか。  

司 会 :何か問題が起こった時にここの中でどんな感じで共有されているかってことですね。例えばけがをした子どもがいた時にどんな風に対処したかっていうのをっていうことですか。  

参加者⑤:例えば個人として今日16部署来ていただいているんでしょうか。窓口が社会教育部ですか、そちらに保護者としてこういうことがありましたってことで電話をした場合ですね、それは共有されるんでしょうか、それとも関係部署の方、もちろん第一対応していただくと思うんです。その内容によって関係部署の方で共有されるかと思うんですけども皆さんが最終的に私たちの意見を聞かれているのかということでしょうか、すべての教育委員会の皆さんが私が言ったことを聞いていただけるのかっていうシステムがあるのかどうかっていう、それは各PTAの人にお伝えできるかどうかっていうところをお伺いしたいと思います。  

市教委 :いずれにしてもですね、皆様にはこの場で教育委員会の各部署全部がお聞きしていますので。それとまた、例えば社会教育部にどこかの部署の件で一人の方から電話を受けても、その内容をお聞きして、その担当部署に連絡して必ず対応していただく。その結果については、担当部署から報告していただくようにはしています。  

司 会 :何となくわかりました?  

参加者⑤:はい、わかりました。  

司 会 :あの例えば施設のことなら施設の、管理部の方で話はしてはると思うんですよ。教育は教育の方でとか多分その部署によって。全員が全員知っているという訳ではないと思うんですけど、例えば担当が電話を受けてそれを課長に報告する。課長が部長に報告するってことはされていますよね。  

市教委 :はい、しております。だから違う部署であってもきちっと橋渡しをしてその橋渡しをした以上は、あとどうなりましたというのはやっぱり聞くようにはしています。

 参加者⑤:はい、わかりました。今回初めて会長をさせていただいてコミュニティの関わりとか今回のメールの話を聞きましてもやはり全体で協力、同じ方向を向いているかということとそこでどこか対立的なことになってしまっているかでずいぶん伝わり方が違うんじゃないかと思うんですね。そういったときにじゃあそちらにお伝えすればその意見は聞いてもらっているということがPTAから言えば協力になるか、ちょっと言ってもしょうがないからというところの境目だと。そういったことが実際にしていただけていますよってことを私は改めて小学校のPTAの方に言いたいので、是非そういうことをしていただけたらなと思いましたのでちょっとすいません。失礼しました。ありがとうございます。  

司 会 :ありがとうございます。別にあの市教委の肩持つわけでは全然ありませんけども、例えば担当が握りつぶすみたいなことがあったら、それこそあとでわかったらそれが大問題になったりすることがあるので、そういうことは多分されていないと思いますし、対処できることは対処されていると思います。ただそこで言った側も、ガーって責められちゃうと、大体行政ってそうですわ、ガーって言われるとピターって壁作っちゃったりすることもあるので、懇談っていうか話し合う場っていうのを姿勢でいっていただけたらいいかなと思いますし、ちゃんと話し合おうと思ったらちゃんと答えてくれますもんね。  

市教委 :当然のことでございます。ただ、できるできないは別としても、やっぱりみなさんのご意見、また一個人であっても窓口に来られたら、すべての職員が他の部署であってもちゃんとお聞きして所管部署へ橋渡しする。また所管部署であればそれができない場合に対する説明責任がありますので。  

司 会 :そうですね。ということで心強く言っていただきましたので、ちょっと一人では言いに行きにくいなぁと思ったら、例えば小学校の部会長さんなり市Pの母情の人とか誰かつかまえてちょっと一緒についてきてくださいって言って市教委と話をしに行くっていうのも全然大丈夫だと思います。一人で心細かったらちょっと話をしにお願いするとかっていうのもいけると思いますのでそういう手を使ってもらってもいいかなと、手じゃないなそういう風にしていただいてもいいかなと思いますので、初めてでちょっと不安に思いますけど、是非そういう形でしていただけたらと思います。 はい、すいませんお時間が。あ、時間がね、この場所は9時までなんですよ。ちょっとで短めで大丈夫ですか?  

●学校施設の更新時期をオープンにできないか●

参加者⑥:中学校部会から話がしたかったんですけど、部会長さんの持ち時間が少なかったからこの質問の意図がちゃんと伝わってないかなと思ったので補足したいなと思ったので。何も回答していただく必要はないんですけど、こちら側の思っていることを伝えたいと思います。まず、学校の設備についてということで学校での設備修繕の予定はどういう風に決まるのでしょうかというその質問の意図なんですけど、これね回答では更新時期やなんやかんやで学校毎に内容ちゃうからそれをね、予定踏まえていろいろと話して決めると。で最終的に予算もあるからという回答だったんですよ。それはまあわかりますよ。でそうじゃなくこちらがしてほしいのは、小学校もあるし中学校もあると思うんです。施設とか設備の学校の課題っていうのは客観的におもてに出せるはずなんです。例えばうちの子ども氷室小学校で、僕、杉中のPTA会長やっていますけど、氷室小学校やったらもうすごく古い学校で、もちろん校舎も建て替わっているやろうし体育館も新しく作っているやろうしプールも新しく作っていますよね、まさか100年前からあの状態のはずないんですよね。新しく作ったものはいつ作った、まあそれも今度例えば改善を計画する時期がいつやとかそれから早くなったらいつやとか例えば杉中であれば比較的新しい学校ですよね、それでも校舎も古くなっているし、まあ今年は体育館も修繕していただきましたけれども、もう一回これをやり直そかって検討を要するその時期であるとか内容というのは客観的に出せるはずなんですよね。で最終的にどういう順番でどういう風に決めるかっていうのは予算の部分もあるしそれは教育委員会とか校長先生教頭先生で話しあいをして決めていただいて、いつ修繕するかって、まあ最終的には決定は僕らの方から口出しすることではないんですけど、ここの学校にはこの設備とこの設備とこの設備とこの設備があってこれはいつできてこれはいつできてこれはいつ例えば検討しよう、いついつ見に行こうとか、更新時期がいつやって言うてはりましたけど、その更新の時期は全部羅列できますよね。それを例えばExcelか何かでばーって一覧にできると思うんですよ。そしたら今ならホームページにUPさしといたら、PDFか何かで。すぐわかりますよね。そういうことやってほしいっていう意図なんですよ。いつやるのか教えてくれっていうのはそんな無理に決まっているんですよ。だけど客観的に施設とか設備とか何があるとか全部決まっていますよね、それを見直しするっていうこともいつここが例えば見直しするとか更新の時期がいつやとかいつできるかいついつにとかそういうこと全部出せるはずなんですよね。客観的な資料にして作っていただいてホームページ見たらすぐわかるっていうような状態にしてほしいっていうことなんです。それから例えばPTAなんですけど、PTAの定義を教えてほしいなんてそんな教えてもらわなくても僕らわかっているんですけど、先生と親と教育委員会とで国が決めた学習指導要領に基づいてみんなで自分たちの子どもたちの安全とかね、それからその学務の向上であるとか学習環境を整えるとかそういうことを協力してやりましょうということはわかっているんです。ところがそういうことを意識していない全く考えていない親が、まあ小学校さんはそうじゃないかもしれない、けど中学校結構多いんです。そんな役するのいややからやりたないと。まあ最近は任意団体だからうち当たったらPTA抜けますわってね、言うてくる人もいるんです。実際いましたし。そういうときにね僕ら同じ列で同列で親の立場から、いやそんなん言うてもね、こんなんしょうがないでしょと言うても言うこときかはらないんですわ。だけどそれが例えば学校の先生からPTAとはこういうもんだから一緒にやりましょうねって一言言っていただくとかそういう意識付けをしてほしいと。例えば先ほど聞いていましたけど学校の先生の人事とか全部教育委員会がしてはりますよね、学校の先生がPTAに対しての意識が低いということもちょっと僕ら感じることがあるんですね、先生方と話して。PTAを避けられているみたいな感じがあるんですよね。そういう時にPTATというのは先生ですからね、先生もPTAの一員なんですよね、そういう意識付けを先生にもしていただいて、親が例えばPTAに対してちょっとした誤解と言いますか、うちそんなPTAなんか知らんわ、なんてそんなこと言わんようにみんなで意見出し合ってみんなでよくしていきましょうっていう意識をちゃんと持っていただけるように動いてほしいというそういう意図です、これ。あほみたいな書き方になってしまってちょっと言葉足らずなんですけどその辺だけちょっと言っておきたかったんです。何も回答はいりませんのでよろしく。  

司 会 :ありがとうございました。今のは要望ではなくてPTAに対して市教委がああせいこうせいと言える訳がないので、それは私たちが保護者として考えていかなくちゃいけない問題だと思いますので、今回答はいりませんとおっしゃっていますが、そんな意味も含まっているのではないかなと思います。で学校の設備について客観的に言うたら古い順じゃないけど大体どれくらいに例えばこの棟は昭和何年にできましたとか、そういうのがわかれば何となく、あっ、もうそろそろこれは直してもらえるんじゃないかだとかそういうことがわかるって意味で多分。  

参加者⑥:そうですね。ここはこういう設備でここは検討しているんだということもね、ちらっと書いておいていただいてね、それを大きな表みたいにしておいていただいたら各学校のPTAの会長さんとか本部役員の方とか関心のある方が見たらすぐわかりますよね。  

司 会 :あの多分それをホームページに載せるっていうのは量的にもかなり難しいと思うので、ちょっとそのホームページに載せるっていうことは無理かもしれませんけどもそういう情報提供的なものを例えばその中学校部会さんの方とかからちょっとそういう資料を下さいみたいに言ってもらったらある程度出せますよね。はい。  

司 会 :申し訳ございません。8時半終了の予定でしたけれども50分経ってしまいました。もうちょっと言いたいなという方もいらっしゃるとは思いますけども、今日は時間となってしまいました。これは決して教育委員会とけんかするなんてことは全然ないですからその辺は重々承知しておいて下さい。やっぱり普段思っていることをそういう場だからせっかくだからちょっと言いたいなという形で来てくれてはるということだと思いますし、保護者がこういう風に思っているということをやはり知ってもらうということはすごく大事だと思います。今日は子どもの安全っていうのもすごく通学路というのもそうですし、さっき言った体育館の補修もそうですし子どもの安全が一番やって保護者思っておられるので、その辺を市教委の方もその辺も少し考えていただけたらなと思いますし、情報提供っていうかさっきのメールの話もそうですし、今の古い年代もそうですけど、やっぱりちゃんと言うてもらったらこっちも理解して、そうかうちはまだまだやな、他にもいっぱいあるからまだまだやな、ということも考えると思いますので、出せるもんは出していただけたらと思いますので、その辺ちょっとご協力ご理解いただけたらと思います。ではまとめてよろしいでしょうか。ではすいません。きちんとしたまとめができなくて申し訳ございません。これで市教委との懇談を終わらせていただきたいと思います。今後ともすいません、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。お気をつけてお帰り下さい。

以上